[歩]第53回歩こう会 「大人の社会見学と皇居外苑散策」の報告

31年3月27日午前10時、「衆議院議員面会所」受付ロビーに参加者38名が集合し、衆議院議員松本洋平事務所のスタッフから見学に際しての注意事項を受けた後、愈々国会議事堂見学がスタート。重厚な石造りの建物に入り、赤いじゅうたんを踏みしめて階段を上ります。第14集会室で待機、暫くして現れた松本洋平議員に面会。当日開催中の委員会を態々中座して、議員自らが国会内を案内して呉れます。

普段、テレビでしか見ることができない議事堂内部は、想像以上に荘厳な雰囲気に包まれて。 広くて長い廊下、同じような部屋が続き、うかうかすると迷い込んでしまいそうです。 昭和11年に竣工した議事堂の建物は、全て国産の資材を使用するのを基本として作られ、例外として、輸入資材は3つのみ。それは当時、国内生産が出来なかった本会議場の天井のステンドグラスと、マスターキー付きのドアノブ、それに廊下に設置されている郵便ポストであるとのこと。

選挙後に議員が初めて登壇する中央玄関、それに続く階段を上がると、4階まで吹抜きの中央広間、更にその上の天皇陛下をお迎えするご休所等々。建物として荘重で美しく、貴重な建造物であることが判ります。本会議場の参観者スペースから眺めると、国権の最高機関として国政が行われ、長い日本の議会政治の歴史が伝わってくる感じがします 見学後、衆議院の入り口前広場で、議事堂を背景に松本議員と共に参加者全員で記念撮影。国会議員食堂でのおいしい昼食をもって午前中の国会議事堂見学会は有意義に終了となりました。付け加えるとすれば、今朝、受付ロビーで起こった想定外事項に対する松本洋平事務所スタッフのてきぱきとした対応力のすばらしさ。生き馬の目を抜くといわれる政界で、流石と感じられるものがありました。  

午後は、日本銀行まで、のんびりと皇居外苑を散策しながら、桜の季節を楽しみます。皇居の桜はすでに満開に近く、多くの外国人でにぎわっています。やがて、二重橋に差し掛かると、多くの人々が記念撮影に群がっています。間もなくお代替わりになられる天皇皇后両陛下に思いを馳せながら歩を進めます。

  日本銀行では、前半と後半の2組に分かれての見学です。後半組は、約1時間程、本館前の貨幣博物館を見学しながらの時間調整です。 日本銀行の見学内容は、大別すれば、日銀の果たす機能の解説、歴史建造物の説明、及び営業現場での仕事の理解となります。

日本の中央銀行として金融の中枢であり、紙幣の発行・決済システムの運行・金融政策による物価の安定を担っている訳です。また、建物は、本館と2号館・3号館・新館に分かれ、特に本館は、有名な辰野金吾博士の設計により明治29年に竣工した石積みレンガ造りで外装は花崗岩張り。現在は大規模な免震工事がなされており、残念ながら見学は不可です。実際は5階建てなのに、外観は3階建てに見えるような設計の3号館の壁際で、スタッフの説明と現物を目の当たりにし、今も息づいている貴重な歴史的建造物であることが如実に判りました。   春らしい天候に恵まれ、楽しい1日であったと同時に、参加者からは、数多の事象を自分の目で確かめながら理解できた貴重な経験であったとの感想が多く聞かれました。

以 上

P1060381

 

【歩】第52回歩こう会  「御岳・大塚山」ハイキングとブリジストン保養所「奥多摩園」宿泊の報告 

平成301115日、快晴の空の下、御岳山ケーブル滝本駅の広場で参加者19名が円陣となり、渡辺紀子(S37年文)さんのリードで出発前の柔軟体操です。

体が解れた処でいざ出発。最初は武蔵御嶽神社「産安社」にお参り。ここは知られざるパワースポットとのこと。横瀬靖夫(昭36法)さんを先頭に、爽快な朝の空気の中、枯葉を踏みしめ、周りの景色や紅葉を楽しみながら大塚山の山頂を目指して進みます。途中、休憩の折に小さな事件が発覚。参加者の秋田正光(昭50商)さんが、大切にしている父の形見の水筒(志那事変に出征時の軍用品でレア物)の栓を山道で落としてしまったことに気づいたのです。後続して登っていた広田茂(昭50経)さんが、それを偶然拾い上げたけれど、道の脇にポイしたことが判明。それを傍で見ていた江端真理子(昭52商)さんが、秋田さんに同行して、紛失したと思しき場所まで捜索に下山。2人を見送って一同は頂上を目指すことにしました。やっと頂上に到着し、お昼を食べながら一服。ところが、待てども2人は上がってこない。「これは大変だ、何か事故でも」と心配になり、一同が集まって相談、山のベテランである菅谷國雄(昭37経)さん他2名が捜索しながら下山することにして出発。暫く降りた処で無事登ってくる2人と遭遇。落とした栓も見つかり事なきを得た次第で一同も大喜び。思い出に残るハプニングでした。下りは滑らないように慎重に下山して、全員が無事に今夜の宿泊先であるブリジストン保養所「奥多摩園」に到着。今回、当国分寺三田会の現会長渡邉恵夫(昭40工)さんのご厚意で宿泊の手配をして戴き、宿泊のみの方々も合流し21名がありがたく利用させていただけることになったものです。

ここは、創業者の別荘地を会社の保養所にした所で、かつて天皇陛下も来られた名勝の地。早速、陽のある裡に保養所の脇を流れる多摩川沿いの広大な庭園を散策。中央に生えるもみじの大木が真っ赤に色づいて、将に燃える秋。その下で一同記念撮影し、庭園の奥にある自然の滝を見物したり、思う存分に奥多摩の秋を満喫しました。

おいしい夕食、カラオケルームで楽しんだ後に専用の談話室に集まってみんなで酒盛り。奥多摩の秋の夜は長く、楽しく更けて往きました。

P-5


【歩】第51回歩こう会報告~中山道を歩く(第2回目)

平成30618() 午前9時、今にも降りそうな空模様の下、参加者21名がJR巣鴨駅前に集合。前回同様、加藤芳典学芸員(文教ふるさと歴史館)に同行いただいて、たっぷりと街道沿いの名所旧跡の説明をしてもらいます。

旧中山道に沿って、まずは旧板橋宿を目指して出発。おばあちゃんの原宿と呼ばれる「とげぬき地蔵尊」を右手に見て、賑やかな商店街を進みます。やがて「庚申塚」の名称で名高い猿太彦神社が交差点の右手に現れます。一同お参りも早々に次の見学先「延命地蔵尊」へと向かいます。ここはその昔、旧中山道を往来する旅人が立ち寄り、道中の無事を祈った場所。

さらに進み、埼京線の踏切を超えJR板橋駅に至ると、あちらこちらに「新選組の街」の表示物が目に入ってきます。何と駅前の一角に「近藤勇の墓」があるのです。

見学後はまっしぐらに旧板橋の宿場を目指します。右手に高速道路の高架橋が目に飛び込んでくると新中山道(国道17号線)との交差地点に到達。ここから、旧板橋宿の一つである平尾宿に入っていきます。両側に商店街が続く中を進み。中継点の板橋観光協会に到着。ここでは現地ガイドによる旧板橋宿のガイダンスを用意してくれています。「旧板橋宿は京都から見て上宿、中宿、下(平尾)宿に分かれていました・・・・」。ガイドさんの熱心な説明に全員が壁の表示物を注視。江戸時代の宿場町を想像しました。板橋観光センターを後にして途中、「旧板橋宿(中宿)本陣跡」を右手に見て、更に進んでいくと石神井川に突き当たります。ここに架かる「板橋」(宿場の名称の起源)を渡り、その先にある「縁切り榎」を見学。

ここを過ぎると、あとはひたすら「志村一里塚」に向かって街道を上って行きます。ゆっくりと旧中山道の旅人になったつもりで歩き、無事に終点の「志村一里塚」に到着。全員で記念撮影をした後、おいしいイタリアンレストランで乾杯しました。生憎の梅雨空でしたが、気温も上がらず却って歩くのには好都合で、街歩きを楽しむことができた一日でした。

 

 

第50回歩こう会「芝界隈の史跡を訪ね、屋形船を楽しむ」の記録

平成30年3月16日(金) に参加者32名で「第50回」歩こう会を実施しました。

今回は節目となる50回目を記念し、我が慶応義塾のお膝元「三田・芝」界隈の史跡・寺社や義塾命名の地を訪ねた後、屋形船で東京港・隅田川の夜景を眺めながら、お酒、江戸前の幸を使った天ぷら、カラオケを楽しむという豪華版。案内役は、「芝」で育った横瀬靖夫会員(当分科会の世話役・S36法)が担当し、同氏の小学校の同級生が経営する船宿「辰金」(芝金杉橋)の屋形船に乗ります。

JR田町駅改札口前に全員集合、生憎の小雨交じりの天候の中を、懐かしい慶応中通りに向けて出発。中通りの入り口付近で「三河岡崎藩水野家」跡を見学後、順々に「勝海舟・西郷隆盛会見の地」跡、「芝浜」、「薩摩藩屋敷」跡を巡ります。途中、海舟と西郷の会見の碑に刻まれた「江戸開城の文字を覚えておいて」と案内役が皆にサイン。やがて、「芝公園の丸山古墳」が見えてまいります。古墳上にある「伊能忠敬記念碑」を見た後に、芝公園から東京タワーを撮影するベストポジションでの記念撮影。全員ニコニコ、パチリ。次は愈々本日の呼び物の一つ、「増上寺」に到着。三門(山門ではなく、通れば三大煩悩が消えるの意)を過ぎて、壮大な境内へ。鐘楼(江戸三大鐘楼の一つ)前の枝垂れ桜が美しい。本堂裏手の「徳川将軍家廟所」に入場。往時の栄華を偲びます。港区役所食堂でコーヒーブレイクの後は、引続き、め組の喧嘩で有名な「芝大神宮(芝神明)」を経て「新銭座(慶応義塾跡地)」を訪ね、散策コースの最終地「芝離宮恩賜公園」へ。雨も上がり、夕暮れの日本庭園の情緒は格別です。時刻も17時を回り、愈々本日のメインエベント「辰金」に向かいます。屋形船は17時半に出船。暮れなずむ東京湾の夕景が見事なシルエットを映します。レインボーブリッジを右に見て、勝鬨橋をくぐり、船は墨田川へ。船内では宴会が始まり、乾杯は、歩こう会の初代世話役の満永行博(S37経)会員、お酒の銘柄は「江戸開城」(地元の銘酒、横瀬会員の差入れ)。スカイツリーが見える頃になると、お酒と料理を堪能して大いに盛上り、カラオケタイムに移行。同乗の辰金の大将(同級生のヨッチャン)の巧みなリードで、指名された人が自慢の喉を披露して更に大盛り上がり。あっという間に船はお台場沖に。時間の経つのも忘れる楽しい屋形船の宴会でした。最後に若き血を合唱し、辰金の大将の音頭で「芝」伝統の三本絞めをもって無事お開きとなりました。参加者全員が名残を惜しみつつ、小雨の残る金杉橋を渡って帰路に着きました。                 以上

P1050384 - コピー

P1050407 - コピー

 

第48回 歩こう会 里山ハイキングの記録

平成29年10月5日(木)第48回歩こう会を実施しました。今回は、去る5月に計画した第47回(悪天候のために中止)の再実施です。

総勢17名が立川駅のホームに集合し、JRで出発点の武蔵増戸駅に向かいます。駅前広場で、渡辺紀子(37文)のリードで入念な準備体操をしてから、晴れ渡った秋空の下、爽やかな外気の中を出発。一路、弁天山(海抜292m)目指して登攀を開始。頂上に到着して小休止。遠くには西武ドームやスカイツリー等々が見え、眺望を楽しみました。

次に城山(海抜330m)に向かいます。途中、多少段差のきつい坂道もありましたが、間もなく頂上へ。軽食の後一路快調に下山して、全員が、定刻通り小網公園に到着しました。

順調にトラブルもなく、秋の里山ハイキングを満喫した一日でした。帰りには、立川に戻り、中華料理店で遅いランチを囲みながら、里山に登った達成感を語り合いました。

DSC_0269

 

第46回 歩こう会 野鳥観察会の記録

平成29年2月27日(月)、第46回歩こう会を行いました。今回は「野鳥観察会」です。
総勢19名、国分寺駅に集合し、西武多摩湖線の武蔵大和駅から多摩湖を目指します。
1週間前の「野鳥観察の事前講習会」で学んだ知識を基に自分の眼で確認しようと、全員張り切ってスタート。
インストラクターの染谷嘉男ご夫妻と村井美知子さんに、実地で観察の仕方を指導いただき、鳴き声で鳥の名前を教わります。途中の「タッチャン池」ではカルガモを観察し、川岸では珍しいルリビタキの色の美しさに感嘆の声が上がります。
やがて、多摩湖畔に到着、ミミカイツブリの生態を目の当たりにでき全員が感動。折からの冷たく強い北風にもめげず歩を進めます。
西武レオライナーに乗って狭山湖に移動し、更に水鳥の観察を続けます。
湖畔の公園でランチをしながら、染谷嘉男さんのリードで、今日の野鳥の観察結果を確認したところ、合計33種類も観察できたことが分かりました。
帰りには、山口観音にお参り。西武球場駅前の中華食堂では、暖かい紹興酒で冷え切った体を温めつつ、野鳥観察の楽しさを語り合いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【歩】第45回歩こう会の記録

平成29年1月30日(月)、第45回歩こう会を行いました。今回は「中山道を歩く」をテーマとした街歩きです。参加者25名がスタート地点の御茶ノ水駅に集合し、旧中山道を巣鴨駅目指して歩き始めました。所々でガイド役の加藤芳典氏(文京ふるさと歴史館専門員)から、貴重な解説をしてもらいながら、ゆったりと歩を進めます。

本郷の東大キャンパスを右手に見て進み、農学部の門前で左折。追分を過ぎるあたりから、旧中山道の面影を残す道をひたすら歩きます。

やがて東洋大学に到着、構内で小休止。同大学の創立者であり、日本における哲学研究の開祖でもある「井上円了」の記念博物館を見学、学芸員の方から井上博士の功績を説明して頂き感銘を受けました。

ゆっくり歩いて、正午過ぎに、ゴール地のJR巣鴨駅に到着、全行程13000歩でした。

近くのイタリアンレストランで素敵なランチ、おいしいワインで乾杯。

解散後は、三々五々、おばあちゃんの原宿「巣鴨のとげぬき地蔵」に参拝して帰りました。昨日までの寒波が嘘のように暖かく、街歩きには最適で、とても楽しい一日でした。

P1030585 - コピー

P1030588

【歩】第44回歩こう会の記録

11月16日(水)「第44回歩こう会」を実施しました。
御岳山(標高929メートル)から日の出山(標高902メートル)を巡る、ややハードなハイキングコースですが、参加者は計18名、最高齢84歳、次が81歳、平均年齢70ウン歳という顔ぶれです。
JR御岳山駅前から、バスとケーブルカーを乗り継ぎ、御岳山神社に参拝して行程の無事を祈ります。それから、日の出山を目指して、尾根伝いに上り下り。丁度正午に日の出山頂に到着。秋冷な寒気を含んだ山風が、汗ばんだ肌に心地よく感じます。山頂からの素晴らしい眺めを楽しみながらの昼食となりました。そこから、愈々つるつる温泉(標高378メートル)を目指しての下りです。
紅葉の山肌を眺めながら、ゆっくりと進みます。一昨日の降雨で滑りやすい箇所もあり、油断はできません。滑らぬように、転ばぬように・・・・・「アッ」・・。
午後3時に温泉に辿り着き、暖かい湯船に浸かって疲れを癒した後は冷たいビールで乾杯となりました。全行程1万8千歩。幸い好天に恵まれ、秋の日差しを浴びての楽しい一日でした。

p1030468

 

[歩]江の島シラス料理を堪能し、㈱タツノ工場見学をしました。

7月25日に「ヤングサロン」との共催で第43回歩こう会を実施しました。

計21名の参加者が集まり、江の島で新鮮なシラス料理を堪能した後、江の島神社を参拝しました。江の島は東京に近くにあり、若い頃に何度も訪れた湘南を代表する場所です。神社に向かう道はもちろん昔のままですが、店が増えたことと外国人が目立ったのが印象的です。

江の島のあとは、モノレールとタクシーを利用して㈱タツノ工場見学を行いました。㈱タツノは1911年5月に設立した100年を超える老舗、従業員も1000人を超える日本有数の石油関連機器製造会社で、ガソリン計量機のシェアでは国内で60%を超え、またアジアを中心に輸出も行っています。今回は当三田会会員の古屋敏郎さんの紹介により見学会が実現しました。龍野社長様のご挨拶を頂いた後、広報担当の方に同社の歴史・事業内容についての説明を受け、続いて工場見学を行いました。ショールームに展示されていたレトロな給油機(第2号機)は日本の機械遺産に指定されているそうです。(因みに1号機は港区三田図書館前に陳列されています)地下タンクコーナーでは、プロジェクションマッピングが大きな2万リットルのタンクに投影され、ガソリンタンクの構造を解説いただきました。またロボットアームが器用に油量計の心臓部を製造している姿を見学したり、水素自動車の試乗もさせていただきました。日本のモノつくりの技術力の高さ素晴らしさを経験した貴重な一日でした。

龍野社長様はじめ㈱タツノの皆さま方に本当に感謝申し上げます。ありがとうございました。

DSCF5404

DSC_0063 DSC_0061

 

 

 

 

 

 

DSCF5426

 

【歩】第43回歩こう会のご案内

江の島でシラスを食し世界三大ガソリン計量機メーカータツノ横浜工場を見学

今回、The Young Salonとの共催により、江の島まで行き地元で採れた新鮮なシラス料理を食します。その後、古屋 敏郎会員(S46商)のご協力により石油関連機器製造を中心とする機械メーカーである㈱タツノはガソリンスタンドに設置されるガソリン計量機で国内最大のシェアを占めており、その製造の主力である横浜工場(大船市)を見学します。
江の島で湘南の風を感じ、工場見学で脳内を活性化するよい機会ですので、是非ご参加ください。ご家族連れ歓迎です。約4km、1万歩です。

・                      記

1.日 時      平成28年7月25日(月)
2.集合時間・場所  9時00分 JR武蔵野線(南武線)府中本町改札口
               (立川発9時11分発電車で出発)
3.行 程      府中本町・・登戸乗り換え・・藤沢・・片瀬江の島・・座々丸でランチ

・・江の島神社・・湘南江の島(モノレール)・・大船・・㈱タツノ工場・・大船駅(散会)

4.食事      江の島、座々丸でシラスご膳プラス刺身でのコース料理を注文しています。
費用は1,500円。アルコール飲料は工場見学を控えているので不可。

5.申し込み方法  7月10日(日)までに参加者のお名前を幹事あてにお報せください。

6.雨天の時    小雨決行。ただし大雨等中止の場合は幹事より連絡します。

幹事 古賀良三
協力者 古屋敏郎