【歴】第97回 歴史をひもとく会 開催報告

源氏物語の新解釈

―醜女末摘花と夕顔怪死事件の真相―

IMG_4798 (2) 7月30日(土)午後2時より国分寺市立四小の「ホールひだまり」にて、歴史をひもとく会第97回例会が開催された。久しぶりに外部からお迎えした講師は井真弓(いのもとまゆみ)先生。東京女子大で国文学を学び大阪大学で博士号を取得され、現在は東京女子大・法政大等で講師をされている。

 演題は「源氏物語の新解釈―醜女末摘花と夕顔怪死事件の真相―」と興味深いものであったが、コロナ禍と猛暑ということもあり、出席はいつもより若干少なめの36名。8ページにわたる豊富な資料を用意され、明るく歯切れ良い口調で講義が始まった。まずは「第一部、醜女末摘花の真実の姿とは」である。

 源氏物語は映画・ドラマで何度も演じられているが、光源氏が愛した紫上や藤壺は大原麗子のような美女が演じるのに、末摘花は泉ピン子というように源氏物語きっての不美人という扱いを受けている。そのような女性が何故に当代きっての人気者である光源氏の相手となり得たのだろうか。光源氏は生涯にわたり多くの女性と愛を深めるが、そのきっかけは様々である。末摘花の場合、父が常陸宮(親王)で母もやむごとなき筋の方ということから、光源氏は興味を抱き始める。

 先生は末摘花の真実の姿を様々な観点から明らかにしていく。持ち物(七絃の琴、秘色の器,鏡台の唐櫛笥や唐櫃、香)や装束(衣服が白茶けている、毛皮に執着する等)にふれた後、いよいよ問題の「容貌」の話に入る。まず高身長・色白で額は突起していて面長、鼻は「普賢菩薩の乗り物(象)のように長い、鼻高で先が赤色」と表現する。ここで、末摘花の「花」は「鼻」を暗示しているのだと理解できる。末摘花の顔立ちの表現は、来日した外国人(インド人の菩提僊那、ソグド人の安如宝等)から考え出されたのかもしれないとのお話に納得。

 末摘花の性格については、一途さ(貞節)、控えめ、従順、父への孝心(遺訓順守)を挙げ、さらに「昼寝の夢に故宮(末摘花の父)の見えたまひければ」とあるように、性格形成の要因に「亡き父の霊力」があるのではないかと指摘された。また、光源氏が須磨退去後に末摘花を訪ね、あまりの零落した姿に驚いて手厚い支援を進めた心境として「人の心ばへ(本性)を見たまふに、あはれに思し知る」(蓬生巻)ということがあったのではないかと説明された。最後に、雨夜の品定めで左馬頭(さまのかみ)が「女性の美徳は容姿ではなく心根の強さ」と述べている点にもふれ、二人の出逢いについて蓬生巻の最後の言葉「昔の契り(前世からの因縁)なめりかし)」と締めくくられたのが印象的であった。

 休憩を挟んで第二部は「夕顔怪死事件の真相とは」に入る。夕顔とは光源氏の乳母の隣家に住む女性で板塀に咲く白い夕顔の花にちなんで名づけられている。

 夕顔との逢瀬を重ねるうちに、源氏は彼女を牛車に乗せ隠れ家(五条近くの古びた院)に連れ込む。とある晩、夕顔と二人で寝入っていたところ枕元に「いとをかしげなる女(物の怪)」が現れ「己がいとめでたしと見たてまつるをば、尋ね思ほさで・・・」とつぶやいた。夕顔はあまりの恐怖に命を失うのだが、この物の怪の言葉をどう解釈するかで正体は異なる。

 従来の口語訳では「私がまことに立派な方とお慕い申し上げているのに(源氏が六条御息所のもとを)尋ねようともお思いにならず」というように、物の怪の正体を六条御息所ととらえる解釈ばかりであった。しかし、文法的には「私がまことにご立派と考えるお方(六条御息所)を源氏は尋ねようともお思いにならず」と解釈できる、すなわち文法的に解釈すると「私(物の怪)」は六条御息所ではないと先生は述べられた。

 夕顔の命を奪った物の怪の候補としては、A「廃院のあやかし」、B「六条御息所の生霊」、C「AとBの融合」、D「源氏の心の鬼(良心の呵責)」が従来考えられてきたが、先生の文法的解釈をふまえれば、定説のBは考えられず他のいずれか、あるいはそれらの融合と考えられる。

 Aの「廃院」とは源氏が夕顔との逢瀬の場とした隠れ家(古びた院)のことだが、その院は光源氏のモデルと考えられている源融(みなもととおる)の邸宅「河原院」が廃院となったことを想定していると考えられる。源融は陽成天皇退位の際に皇位継承権を主張したが、藤原基経により臣籍降下して源姓となったものが皇位を継承したことはないと退けられている。つまり、廃院となった河原院には源融の怨念すなわちあやかし(妖怪)がこもっていると考えられるのである。また先生は物の怪の怒りの理由として、桐壺帝が六条御息所との付き合いを軽く考えている光源氏をたしなめる言葉を挙げられた。次から次へと恋の相手を代える源氏ではあるが、さすがに父の言葉は心に響きDの心の鬼(良心の呵責)へと繋がったのだろう。

 すなわち、夕顔怪死事件は「六条御息所の生霊」だけの仕業ではなく、「六条御息所の生霊、廃院のあやかし、源氏の心の鬼」が複合した物の怪によるものだったのである。そのほかにも先生のお話は登場人物と史実との重ね合わせや六条御息所と明石の君との類似性などにも及び、興味深く熱い語りが続き、出席者一同圧倒されるうちに予定を30分ほど超過して講演は終了した。

(文責、星野信夫)

【Y】第40回ザ・ヤングサロン講演会「ウクライナ侵略後のロシア東欧」を開催しました。

 2022年7月17日(日)、都立多摩図書館にて54名参加の下、第40回The Young Salonを開催、講師として元
外交官の角崎利夫氏お迎えし、お話し頂きました。コロナの第七波が押し寄せつつあるなか、感染対策には万
全を期した上で対面での講演会でした。また懇親会の実施は見送りました。ロシアのウクライナ侵攻が続いて
いる中、とても有意義な集いとなりました。講演の概要は以下の通りです。

                      記
第40回ザ・ヤングサロン講演会
               テーマ:ウクライナ侵略後のロシア東欧
                                     元外交官 角崎 利夫氏
講師紹介
 1972年東京大学法学部を卒業後、外務省に入省。これまで在ロシア日本国大使館公使、
 在カザフスタン共和国特命全権大使、在セルビア共和国特命全権大使を歴任され、
 ロシアには4度・通算10年おられました。
はじめに
 今回の講演が依頼された時には、7月には「ウクライナ戦争」は終結しているだろうと想定して原稿を考え
 たが、現在まだ戦争が継続している。ここでの講演は「ウクライナ戦争」が「世界にどのような影響を与え
 るか」という観点からお話ししたい。
*在外勤務23年
   ロシアでの勤務10年  1975~77  ブレジネフ時代
               1985~87  ゴルバチョフ時代
               1996~99  エリツイン時代
               2000~02  プーチン時代
   旧ソ連カザフスタンでの勤務3年  2002~05
   セルビアでの勤務4年       2009~2013
本 日 の 話 の 柱
         Ⅰ ウクライナ侵攻に至ったプーチンの思考
         Ⅱ 戦況の推移
         Ⅲ 今後のシナリオ
         Ⅳ 戦争の様々なインパクト
         Ⅴ 戦争からの教訓
Ⅰ ウクライナ侵攻に至ったプーチンの思考
1.プーチンの思想・信条
(1)ロシア帝国復活の夢
   東スラブ3部族(ロシア、ウクライナ、ベラルーシ)を中心に帝国の版図を復活する夢
    (ア) ロシアとウクライナの歴史解釈・評価の違い
       モスクワ大公国はキーエフ公国の継承国か否か?
       コサックとロマノフ王朝の庇護協定は歴史上の金字塔か否か?
       ロシアでは是だと教え、ウクライナでは否と教える。
       (コサックとは脱走農奴が形成した軍事共同体で、ウクライナの自由の気風を生んだ。)
    (イ) プーチン論文「ロシア人とウクライナ人の歴史的一体性」
       東スラブ3部族は歴史的に一体であり、ロシア正教を信じる点でも共通で、ルースキーミール
       (ロシアの世界)を形成すべき。ロシア正教会のキリル総主教は全面的にプーチン支持。
    (ウ) ウクライナはソ連が作った人工的国
       レーニンが作り、スターリン、フルチシチョフが領土を追加した
    (エ) 東方正教会の影響
       2019年、ウクライナ正教会がロシア正教会から分離独立し、プーチンが激怒。
(2)西欧個人主義に対置されるユーラシア主義
   ユーラシア主義とは、ロシア革命・ボリシェヴィキ政権に対する反応のひとつとして1920年代に白
   系ロシア人(非ソビエト系亡命ロシア人)の間で流行した民族的思想潮流で、ロシアはアジアにも
   ヨーロッパにも属さず地政学的概念である「ユーラシア」に属し、西欧と異なる価値観を持つとい
   う思想。プーチンはユーラシア主義の持つ愛国心、集団主義、大国性といった優れた価値観が西欧
   の極端な個人主義から保護されるべきと主張。
(3)在外ロシア人の救済(ウクライナ等にロシア人が多数住んでいる)
    (ア)プーチンは「25百万人に上る在外ロシア人の救済が自らの使命」と語る。
       ウクライナ東部・南部の占領の理由付けにはこの「ロシア人救済」が利用され、ウクライナ全土
       には「ルースキーミール樹立」が理由付けに使われている。
    (イ) ロシア人の多いカザフスタンやラトビアはプーチンの発言を懸念する十分な理由がある
    (ウ) 欧州で在外母国民が多く民族統一主義傾向がみられるのは、ロシア以外はハンガリー、セルビア
2.安全保障上の脅威認識(NATOの東進)
(1)プーチンが脅威を感じたであろう出来事と成功体験
      2003年 ジョージアのバラ革命
      2004年 ウクライナのオレンジ革命
      2008年 ブッシュが、ウクライナとジョージアのNATO加盟後押し、独仏が慎重姿勢で、
           玉虫色のNATO声明となった
           (2008年 ロシアがジョージア侵攻し、アブハジア、南オセチア占拠)
      2012年 モスクワ等ロシア各地で反政府デモ
      2014年 マイダン革命で親露派大統領がロシアへ脱出
           (2014年 ロシアがクリミヤ、ドンバス地方侵攻、占領)
(2)プーチンの主張
    (ア)NATOへの不信感=WP(ワルシャワ条約機構)が消滅したのになぜ存在?
    (イ)NATOは東に拡大しない約束があったのに、旧東欧のみならず、旧ソ連諸国まで引き込んでいる
(3)NATOの反論
    (ア)文書で不拡大を約束したものはない。
    (イ)ゴルバチョフが2014年、当時NATO拡大問題は提起されたことはないと発言。
    (ウ)東欧・旧ソ連諸国がロシアを脅威に感じ、NATO加盟を強く希望した。
3.プーチンが欧米の弱体化を認識
                      1980年代        現在
     G7のGDP割合             70%        50%
     BRICSのGDP割合            7%        22%
     2021年のアメリカのアフガニスタン撤退の失態
     今年(2022年)6月、G7やNATO首脳会議にぶつけてBRICS首脳会合開催
     しかし、BRICSには各国を結びつけるイデオロギーがない。
4.ウクライナ側の侵略誘発要因はあったか?ナチ化は見られたか?
(1)ゼレンスキーはバイデン政権誕生後、親露派への挑発を活発化
     1.親露派地域に特別な地位を与えるとのミンスク合意を実行せず
     2.親露派TV局の封鎖
     3.親露派勢力のリーダーでプーチンに近い人物逮捕
     4.クリミヤ奪還国際会議の企画
(2)ウクライナ軍の強化への懸念
(3)第2次世界大戦でナチス軍がウクライナを占領した時、バンデラというウクライナ民族主義者が独立の
   ためナチと協力した。プーチンはゼレンスキー政府にバンデラ崇拝者がいることをもってナチ政権と
   主張するが、同政府をナチとは言えない。
Ⅱ 戦況の推移
  ロシアは初戦で失敗し、短期で勝利することができなかったが、ウクライナ領土の20%を既に支配し、
  じりじりと東部で支配地域を増やしており、ウクライナ側の反撃は容易ではない。今後も消耗戦が続くが、
  いずれ停戦の動きが出てくるだろう。
1. 初期のプーチンの誤算
(1)ウクライナ軍・国民の抵抗について
    (ア) 軍の強化 ①NATO方式の指揮系統 ②士気 ③戦闘経験 ④兵員と武器増強
    (イ) 国民がロシア軍を歓迎せず、ウクライナ軍に協力した。
    (ウ) ゼレンスキーの戦争指導者としての力量
(2)ロシア軍の力量について
    (ア)緒戦での失態
      1.サイバー攻撃でインフラ・通信設備を麻痺させることに失敗
      2.一点集中攻撃すべきところ、総花的攻撃で失敗
      3.各部隊がバラバラな戦い
    (イ)上位下達の指揮命令系統で融通性欠如
    (ウ)最新兵器・精密兵器の不足
    (エ) 歩兵戦力の不足
(3)諸外国の反応について
    (ア)予想に反し、NATO諸国が結束した
    (イ)中国はロシアを軍事的に支援しなかった
      ① 中国は米国の二次制裁を恐れる
      ② 中国は領土保全が民族自決より重要
      ③ 一帯一路でのウクライナの重要性
    (ウ)最大の同盟国カザフスタンは協力せず
Ⅲ 今後のシナリオ
1.戦争は長期化するか?
  3月初めBBCが報じた5つのシナリオ
     1 X  短期決戦、ロシアの勝利、ゼレンスキー政権崩壊
     2 〇  長期(包囲)戦、攻防泥沼化
     3 △  欧州戦争、モルドバ、ジョージア、バルト三国へ拡大
     4 〇  外交的解決、停戦合意
     5 △  プーチン失脚
          私見:⑵から⑷への移行が年末までに実現する可能性はある。
    (ア)ウクライナ大統領は2月24日の線まで領土を取り戻すと主張するが、容易でない。
    (イ)欧米は
      ・アメリカ:ウクライナに譲歩の圧力はかけないとバイデン大統領発言。
      ・欧州は正義派(英・ポーランド、バルト三国)と妥協派(独仏伊)に分かれる。
2.ロシアの世論・欧米の世論
(1)ロシアでのプーチンの支持は根強い  7~8割の支持
     ・ロシアを苦難から救った救世主
     ・プロパガンダの効果 FBやインスタグラムの中止
     ・声を上げられない国民
     ・戦争時の愛国心高揚
(2)今後の欧米の世論:支援疲れ、難民疲れ?
3.ロシアの経済制裁の影響 長期的にはあるが
4.ロシアでのクーデターの可能性は小さい
5.欧州戦争への発展の可能性と核使用の可能性
     ・欧州戦争への発展は  その可能性は低い
     ・核使用の可能性    その可能性は低い
Ⅳ 戦争の様々なインパクト
  世界に突き付けた問題はあまりにも大きく多岐にわたる。
    1. 戦争の性格を変えた 第2次大戦や朝鮮戦争以来のイデオロギー戦争で21世紀型戦争
    2. グローバリゼーションへの影響
    3. 世界経済に与える影響
    4. 核戦術の脅しとNPT(核兵器不拡散条約)体制への負の影響
    5. 世界の安全保障の問題や地球規模問題へ、今後ロシアの関与はどうなるか
    6. 世界で拡大するナショナリズム勢力
Ⅴ 戦争からの教訓
  プーチンは力は正義と考えている。プーチンが勝利すれば、この考えが正しいと認とめることになり、
  今後現状変更勢力による力の行使を助長する。
                         (文責:小林(一) 文章作成:石川 写真:青木)

 

【ゴ】第11回(復活第5回)国分寺稲門会・国分寺三田会合同懇親ゴルフ会 (中止)

第11回(復活第5回)国分寺稲門会・国分寺三田会合同懇親ゴルフ会は、7月6日(水)に昭和の森ゴルフコースにて開催の予定でしたが、天候不順が見込みまれるため中止としました。

ゴルフ会は、国分寺三田会から19名、国分寺稲門会から13名の合計32名の方のエントリーを頂き、8組で開催する運びとなっていました。開催準備は整い、当日を待つばかりでしたが、あいにく台風4号が接近し天候が怪しい状態となりました。開催前日まで天気予報を逐次確認しながら、天候の回復を祈っていました。
台風4号は前日には温帯低気圧に変わりましたが、ゴルフ場付近の天気予報は「強い雨」「強い風」の予報が続き、なかなか回復の予報が出ず、雨に濡れずにプレーするのは難しいのではないかとの判断に至りました。開催前日の5日午後4時に稲門会側幹事とも相談の上中止を決定し、参加予定の皆さんに中止連絡のメールを配信いたしました。

昨年、一昨年とコロナ禍のため第11回(復活第5回)の開催は延期して来ましたが、今回は中止と致しました。次回の開催については、あらためて国分寺稲門会・国分寺三田会で相談し、開催時期・要領等を検討することとなりました。

=================================================

次回ゴルフ会のお知らせ

・ 10月11日(火) 昭和の森ゴルフコース
・ out/in 10:10同時スータト 各3組 全6組
・ 今回は、可能であればフレイ終了後の表彰式の開催を予定して、例会形式での開催で準備しています。
・ 準備出来次第、会員の方にはご案内いたします。

【C】第25回 料理実習を開催しました。(La Madre Cooking)

暑さが日増しに強くなっていた6月24日(金)、市当局の指導に基づく「新型コロナ感染防止対策」に従い、ご指導頂く伊藤先生と会員15名が参加して第25回の料理実習が‘ひかりプラザ’にて開催されました。
当日は、コロナ感染拡大前の料理実習(2020年2月)以来2年4ヵ月ぶりに、丸山茂さん、高橋伸一さん、池田敏夫さんのお元気な姿もを見ることが出来ました。

〇今回のテーマ :「野菜たっぷりの定食屋さん」
〇献立 : メンチカツ、牛蒡の生姜マヨネーズ、豆腐となめこの味噌汁、きゅうりのキューちゃん、白米
〇食材 : いつも通り分担して購入しました。今回は重いものが多く運ぶのが大変だったようです。
・豚ひき肉ほか:約1.6kg、池田敏夫さんはブランド「やまと豚」のひき肉を予約していました。
・サラダ油ほか:約2.0kg、野口泰寛さんは力持ちなので余力がありそうです。
・キャベツ・米:約4.4kg、沼野は車で運びました(家から教室まで近いです)。
・新玉ねぎほか:約1.5kg、平林正明さんがやがて店頭からなくなるであろう新玉ねぎを7個持ってきました。
・きゅうり  :約2.5kg、広田さんが地元産の新鮮なきゅうりを24本購入しました。
・味噌汁の具等:約1.4kg、内野さんが絹ごし豆腐を慎重に運んでいました。

〇勉強になったこといろいろ
<メンチカツ>
A.豚ひき肉は具材を混ぜたのち30分位寝かせました。寝かせると何故いいのか?
⇒ 肉の旨味成分のアミノ酸が増えジューシになる。玉ねぎ・キャベツの水分がひき肉に行き渡り味が馴染む。
肉の油が固まって形が崩れにくくなる等の利点があるそうです。
B.揚げ上がりを見極めるポイントは?
⇒ 油に具材を入れると、最初はシュワシュワと大きな音をたてて泡が勢いよく出るが、何分かすると次第に音
が小さくなり、チリチリ、ピチピチといった高い音に変わる。この音の頃が揚げあがりのサインだそうです。
<牛蒡の生姜マヨネーズ>
A.牛蒡の泥の落とし方 ⇒ アルミホイルを丸めて広げ、牛蒡をこすると綺麗に泥が落ちました。
<豆腐となめこの味噌汁>
A.なめこの使い方 ⇒ なめこはザルに入れて水をかけ軽く洗って使う、ということを初めて知りました。
<きゅうりのキューちゃん>
A.生姜の皮の剥き方 ⇒ ペットボトルのキャップを使うと綺麗に剥けました。

〇料理の感想いろいろ
<メンチカツ>
・食レポでよく使われる「外はサクサク、中はジューシー」そのものでした。
・やまと豚のひき肉の濃厚な重量感のある味が美味でした。
・同じ班で一緒に調理した高橋さんの揚げ方は凄腕、ソースのまろやかさは絶品でした。
<牛蒡の生姜マヨネーズ>
・マヨネーズが牛蒡をマイルドな味に、生姜が爽やかでさっぱりした味に仕上げました。
<豆腐となめこの味噌汁>
・定食で不可欠の味噌汁、久し振りに作りました。先生持参のだしパックがいい味を出しました。
<きゅうりのキューちゃん>
・ご飯の供にもつまみみも合う、歯切れの良いパリッとした食感のある絶品でした。

〇当日の写真いろいろ

文責・写真 沼野義樹(48年卒)

【C】料理実習「フライパン一つで作る簡単フレンチ」を開催しました

新型コロナまん延防止等重点措置の解除により、‘ひかりプラザ’での料理実習が3月22日から可能となったことから、適切な感染防止対策の徹底を図った上で、4月22日(金)に実習24回「フライパン一つで作る簡単フレンチ」を開催しました。当日は、会員12名と料理の教えをお願いしている伊藤先生の合計13名が参加しました。実習は調理台ごとに3名づつに分かれて行ったので、参加者同士の間隔は十分に確保できました。調理後は恒例の作った料理による昼食でしたが、今回も昨年の12月の料理実習と同様に「黙食」で楽しみました。
当日の献立は、「豚肉のマスタードソース」「帆立て貝のプロバンス風」にデザートの「オレンジゼリー」、そしてバケットでした。フレンチ仕立ての料理なので、ソースの作り方を中心に実習しました。フレンチはソースが決め手とも言われますが、食べてみて実感しました。
<豚肉のマスタードソース>
豚肉を焼いたフライパンから豚肉を取り出して油を切り、残った焼き汁を水で溶かし、粒マスタード・生クリーム・塩・こしょうを加えてまぜ、豚肉をもどし入れて、さっと煮て作ります。豚肉のコクとうま味が
ソースにたっぷりと馴染んで、料理全体の味が格段にグレードアップしました。鶏肉や魚などのソテーにも良く合うソースだそうです。
<帆立て貝のプロバン
ス風>
鍋にオリーブオイル、ニンニク・玉ねぎのみじん切りを入れ弱火で炒め、香りが出たら、白ワイン・塩・こしょうを加えて中火で煮、角切りにしたトマトとみじん切りにしたパセリを加えてひと煮したら完成です。
プロバンス風の食材の代表であるオリーブオイル・トマト・ニンニクと、帆立て貝と相性抜群の白ワインが結びついた深いコクのあるソースが、さっと焼いた帆立て貝のクセのない甘味を引出しました。ソースはバケットに付けても香ばしさと甘みが引き立ち、上品な味で美味しかったです。

(文責:沼野)

 

 

【花】第38回 花と緑と文化の会例会

   国分寺駅から野川沿いのプロムナードで桜を楽しむ-

                       昭和46 久保田 宏

すっかり暖かくなり、桜の満開を迎えた3月30日、今回も、遠出は避けて野川沿いの桜、武蔵野
公園の桜とハナミズキ、そして自然観察園の春の草花を求めての散策を行いました。
参加者は17名です。
<散策コース>
  JR国分寺駅(スタート)→はけの道→新次郎池→野川→武蔵野公園→自然観察園(散策)→
  →中之橋→野川公園(散策)→公園正門(ゴール)

国分寺駅を9時に出発。主な散策地は次の通りです。
 ・野川の源流である新次郎池
 ・野川沿いの桜並木
 ・武蔵野公園の桜、ハナミズキ
 ・野川公園
 ・自然観察園 です。

新次郎池は、以前は池の側まで行けたのですが、新型コロナ感染症対策で東経大の構内に自由に入
れなくなったため、外からの遠望になってしまったのは残念でした。
野川沿いの桜並木は丁度満開で、枝も川面に張りだし見事な景観でした。
武蔵野公園の並木を育てている苗圃(びょうぼ)のハナミズキは時期が早かった事もあり、まだ蕾、
他の木々も新芽は出ていましたが花はこれからの状態でした。
自然観察園も未だ草花はやっと芽を出し始めたところで、唯一、色鮮やかなクリンソウが咲いてい
たのが印象的でした。
野川公園は広い芝生のあちらこちらに満開の桜があり、気持ちのよい散策ができました。

【Y】第39回ヤングサロン講演会を開催しました。

 2022年3月27日(日)、都立多摩図書館にて49名参加の下、第39回The Young Salonを開催、
講師として塾医学部卒業で国立がん研究センター中央病院感染症部長、塾医学部客員教授の岩田
敏先生をお迎えし、「現代の感染症とその対応について」をテーマにお話し頂きました。コロナ
が落ち着いてきたとはいえ、まだ気を緩められる状況ではなく、感染対策には万全を期した上で
の対面での講演会でした。また懇親会の実施は見送りました。皆さんが直面している新型コロナ
などに関する内容で、とても有意義な集いとなりました。講演の概要は以下の通りです。

                 記
The Young Salon第39回講演会
      テーマ:現代の感染症とその対応について
       -新型コロナウイルス感染症のパンデミックを踏まえて-
           国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院感染症部/感染制御室
                                     岩田 敏 様
■現代の感染症
  衛生環境の向上、ワクチンの普及(予防法の進歩)、抗菌薬、抗真菌薬、抗ウイルス薬、抗原
 虫薬の開発 (感染症治療法の進歩)、診断技術の進歩等 感染症のコントロールは格段に進歩した。
 一方交通網の発達による感染症のグローバル化 、新興・再興感染症の発生、少子・高齢化社会に
 よる易感染患者の増加、耐性菌の増加等、感染症を取り巻く環境は変化している。
・新興・再興感染症
 新興感染症: 最近20~30年間の間で人類の疾病として初めて認識された感染症でHIV/AIDS、エボ
 ラ出血熱、重症急性呼吸器症候群(SARS)、中東呼吸器 症候群(MERS)、ジカウイルス感染症、
 C型肝炎、成人T細胞性白血病、出血性大腸炎、新型インフルエンザ(A/H1N1)、 新型コロナウイ
 ルス感染症 (COVID-19)などがある。
 再興感染症: 一度は人類の重大な公衆衛生上の問題ではなくなったように見えたが,再度疫学相
 の変化を伴って増加してきた感染症であり、結核、マラリア、百日咳、季節性インフルエンザなど
 がある。
・2002-2003年 SARS(重症急性呼吸器症候群) 致死率 9.4%
・2009年 新型インフルエンザ 致死率 2-9% (日本:0.01%)
 死亡者は「季節性」では高齢者で多いが 「新型」ではほぼ全年齢にわたっていた
 日本: 2,200万人の患者発生に対して、死亡199名と少なかった
・2010/2011シーズンの流行状況をみて2011年より新型インフルエンザの指定がハズレ、季節性イン
 フルエンザとなった
 感染防止対策 ワクチン接種、治療薬(タミフル)の効果
・2015年 MERS(中東呼吸器症候群) 致死率 34.4%
■新型コロナウイルス感染症(COVID-19)(2019年~)  致死率 5.62%➡0.31%
 現在(2022.3.27)までの世界の患者数(4億8千万人)、死亡者数(6百万人)
 日本の患者数(6,285千人)、死亡数(27,614人) 全人口の約4.0%に相当
 新型コロナウイルスの懸念される変異株(ベータ株、ガンマ株、デルタ株、オミクロン株)
 重症化する人の割合は高齢者が高く、若者は低い傾向にある 。
 重症化する割合や死亡する割合は以前と比べ低下している
 重症化しやすいのは、高齢者と基礎疾患のある方、一部の妊娠後期の方
 重症化のリスクとなる基礎疾患は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性腎臓病、糖尿病、高血圧、
 心血管疾患、肥満、喫煙。 ワクチン接種を受けることで、重症化予防効果が期待できる。
■新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応
 感染防止対策 ワクチン接種、治療薬
 3つの密を避けましょう!
 感染リスクが高まる5つの場面:「飲食を伴う懇親会等」「大人数や長時間におよぶ飲食」「マス
 クなしでの会話」「狭い空間での共同生活」「居場所の切替り」
■新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のマネジメント(基本的な治療方針)
 重症度分類 「軽症」、「中等症Ⅰ(呼吸不全なし)」、「中等症Ⅱ(呼吸不全あり)」、「重症」
・ばい菌やウイルスがうつる道筋
 「空気感染」:はしか 水ぼうそう けっかく
 「飛まつ感染」:インフルエンザ かぜのウイルス 新型コロナウイルス おたふくかぜ ふうしん
 マイコプラズマ肺炎
 「接触感染」:おなかのかぜウイルス( -ロタウイルス -ノロウイルス)エイズウイルス 肝炎
 (かんえん)ウイルス 耐性(たいせい)菌( -ぶどう球菌 (MRSA) -緑のう菌 -カルバペネム
 耐性腸内細菌科細菌(CRE) -バンコマイシン耐性腸球菌(VRE))
・標準予防策 手洗いが対策の基本、サージカルマスクの着用
・基本的な感染予防 ワクチン接種
・新型コロナワクチンの種類と特徴
 不活化ワクチン、組み換えタンパクワクチン、ウイルスベクターワクチン、核酸ワクチン
 (DNA、mRNA)
■ワクチン接種状況 (日本のワクチン接種率 2022年3月25日報告)
 都内全人口(1回79.0% 2回78.4% 3回37.4%) 12歳以上(1回87.1% 2回86.4%  
 3回—–)
 高齢者(65歳以上)(1回92.8% 2回92.5% 3回77.4%)
 発症予防効果を維持するためには3回目接種を受ける必要がある
■ワクチンの有効性はどのように評価するか
 発症予防に対してワクチンの有効性90%とは?
 (✕)ワクチンを接種した90%の人は 病気にならない
 (〇)ワクチン接種すると病気になる確率が90%低くなる (10分の1になる)
■有害事象(副反応疑い)と副反応の違い
 有害事象(副反応疑い):ワクチン接種後に生じるすべての事象のこと(ワクチンとの因果関係が
 明らかなもの、不明なもの、他の原因によるものをすべて含む)
 副反応  ワクチンの接種によって起こる、免疫ができる以外の反応のこと
■がん患者に対する新型コロナウイルスワクチン接種
 新型コロナウイルスワクチンの接種はがん患者においても推奨される
        (休憩、室内換気)
■わが国の65歳以上の高齢者比率は世界一で今後も増加見込。それに伴い国民医療費も年一人34万円
 と増加し、65歳以上の医療費は全体の60%で年26兆円。2020年の平均寿命は、男性82歳
 (世界2位)、女性88歳(世界1位)。また健康寿命は、男性72歳、女性75歳。
■肺炎は日本人の死因のトップ5であり、 そのほとんどが 65歳以上の高齢者(97.8%)
・肺炎の負のスパイラル 高齢の方の肺炎は繰り返しやすく、入院などで体力が低下すると負のスパ
 イラル に陥りやすいため、肺炎の発症予防が重要である。
・65歳以上では、肺炎による入院で認知症の発症リスクが 約2倍に上昇するデータもある
■肺炎球菌感染症への対応  誤嚥防止対策、ワクチン接種、治療薬(抗菌薬)
                          (文責:小林(一) 文章作成・写真:青木)

【ゴ】懇親ゴルフの集い[春]

国分寺三田会懇親ゴルフの集い[春]を、3月29日(火)桜満開の「昭和の森ゴルフコース」で開催しました。コロナ感染防止の観点から懇親会・表彰式ができないという状況も続いており、例会ではなく、3~6組での懇親ゴルフの集い[春]として開催することとしました。参加者を募集したところ24名の方にエントリー頂き、6組24名のフル出場での開催となりました。

1週間前から天気予報をみては晴れを祈り当日を待ちましたが、花曇りというにはちょっと肌寒い一日になりました。
今回は、田中正治さん、牧野龍夫さんの二人の初参加者を迎えました。
桜冷えの中でしたが、満開の桜を愛でつつスタートし、楽しくプレイをして頂きました。
リーダーボードを見ては、順位変動に対しての一喜一憂は変わらず、参加された方24名、皆さんホールアウトされました。

優勝は田中正治さん、準優勝は宮西雅昭さん、第3位は山田健さんとなりました。
ベスグロは、樋口稔さんが88のスコアで獲得されました。
PLAY終了後は懇親会は開催せず、ホールアウト後三々五々ゴルフ場を後にしました。

国分寺三田会 懇親ゴルフ会

・ 開催日   令和4年3月29日 (火曜日)
・ 場 所   昭和の森ゴルフコース(東京都昭島市)
・ 時 間   10:10 outスタート3組、inスタート3組
・ 競技方法  新ペリア方式
・ 競技者   24名

表彰式・懇親会

・ 開催せず  ラウンド終了後 流れ解散
・ スコア集計表は、参加者全員にメールにて配信しました。

HP掲載写真

=============================================

次回ゴルフ会のお知らせ

・令和4年7月上旬 昭和の森ゴルフコース
・一昨年、昨年と開催を延期してきた国分寺稲門会との懇親ゴルフ会を予定しています。
・予約がとれましたら、日程はHPのスケジュールに掲載します。
・開催要領・募集等の準備が出来ましたら、会員の方にはメールにてご案内します。

【歴】第96回 歴史をひもとく会 開催報告

会員による歴史談義・江戸の食文化

 第96回例会(会員による歴史談義)が、3月12日(土)国分寺公民館ホールにおいて出席者55名、感染対策に十分に留意して開催されました。講師は沼野義樹さんと菅谷国雄さんです。当初、昨年7月に開催する予定でしたが、コロナ禍の影響で延期を重ね、3月の開催となりました。
 最初に星野世話人代表よりあいさつがあり、4度目の正直でついに開催できたことへの感謝の言葉とパックス・トクガワーナとも言える260年余りの江戸時代の平和が日本独自の文化である俳句や浮世絵、和食を生み出したとのお話がありました。続いて、お二人の講師による魅惑的な歴史談義が始まりました。

 

第1部 「江戸の食文化・江戸の料理を学ぶ」

講師:沼野義樹(昭和48年経済学部卒)IMG_4615 (2)

昭和48年経済卒(桐朋高校)

 

尾崎ゼミ  考古学研究会
国分寺三田会幹事
La Madre Cooking(料理の会) 代表世話人
江戸料理本(豆腐百珍など)を参考に江戸町人の料理を調理再現
料理人の知恵に学び調理を知的に楽しむ

 最初に江戸の食材と調味料について深い研究成果が披露され、続いて江戸町人の食生活が具体的に生き生きと描かれ、最後に沼野さんが実際に復元調理された江戸料理の数々が実物の写真と共に紹介され、江戸時代にタイムスリップして食べ歩いているかのような豊かな気持ちとなってお話が終わりました。
 江戸時代の町人の食事の特徴は地域に根ざした食材と発酵食品をうまく使ったことにあるそうです。
 地域に根ざした食材は幕府の政策と深い関わりがあったそうです。魚介に関しては、幕府が摂津の漁師を招いて佃島を開いたことにより、上方の優れた漁法が定着し、種類、量とも豊富に供給されるようになりました。クロダイ、カレイ、スズキ、イワシ、アジ、コハダ、シラウオ、マグロなどの海水魚、ウナギ、ドジョウなどの淡水魚、シジミ、アサリ、ハマグリといった貝類が食卓を彩ったようです。
 また、野菜については幕府が摂津農民を招き、進んだ農業技術を広めたことに加え、諸藩が地元の農民を呼び寄せたことなどもあり、品質の良い野菜が作られるようになり、将軍家に献上したことからブランド野菜が誕生したようです。夏野菜を3月に献上したりしたため、初物フィーバーの起源となったそうです。小松菜、練馬大根、砂村ネギ・ナスなどが知られるようになりました。砂村では魚河岸の生ごみの発酵熱を利用した促成栽培が行われたり、江戸の下肥を肥料として効率的に利用する仕組みができ、野菜の栽培が発展したようです。下肥は良い物を食べている家の下肥が高く買われたという面白い話もありました。また、下肥の収入は大家の収入となり、それによって正月に店子にもちがふるまわれたりしたそうです。
 続いて、これらをどのように調理したか、調味料や味についての興味深いお話が続きました。江戸時代初期には肉体労働者が多かったため、塩辛いものが好まれ、上方のものが優勢だったのですが、中期以降は生活が安定したのと、町人が甘さを知ったことで、甘辛いものが好まれるようになり、同時に江戸のものが広まりました。
 江戸の味の中心となったのが濃口醤油と甘味噌で、これに砂糖や鰹節が加わって、そば、うなぎ、にぎりずし、天ぷら、ドジョウ鍋に欠かせない調味料となり、これが現代まで続いているわけです。
 続いて、お話は江戸町人の食生活に移っていきました。
 江戸町人の生活に欠かせないのがお酒です。酒については上方からの下りものがずっと好まれたようで、特に灘の酒は人気があったようです。高価なので、薄めて出されることが多く、アルコール度は4〜5度程度だったそうで、7〜8升の大酒飲みが良く話にでてきますが、かなり割り引いて聞く必要がありそうです。

 元禄時代には1日3食が定着したようで、男は1日4〜5合の白米を食べていたようで、カッケにかかるものが多く、江戸患いなどと言われていたようです。『守貞漫稿』という書物によると、飯は朝にまとめて炊き、朝は味噌汁とつけもの、昼は冷や飯とおかず、夜は茶漬けか粥とつけものが一般的だったようです。
 また、江戸は男の人口が過剰で独り者も多かったことから、外食産業が発達しました。高級料亭もありましたが、水茶屋、屋台見世、一膳飯屋、煮売茶屋、居酒屋などがどこに行っても見られるようになりました。一膳飯屋では当時人気の奈良茶飯や深川飯などが売られ、屋台見世は立ち食いも多かったようで、天ぷら、そば、すしが売られました。居酒屋は酒の小売りが、店頭でも飲めるようになり、やがて肴も提供するようになり居酒屋となりました。豊島屋が有名でした。
 江戸で人気の食べ物はそば切り、かばやき、天ぷら、にぎりずし、ドジョウ、初物だそうで、それに関わる面白い川柳が話題にされました。(「丑の日にかごでのりこむ旅うなぎ」)
 お話の最後に沼野さんが実際に復元調理された料理が写真と共に紹介され、思わずお腹が鳴ってしまった人も多かったようです。奈良茶飯、スズキの鮭焼き、鰻もどき、利休卵など十数種類に及び、食欲をそそったところで第1部は終了しました。
 沼野さんは伝統ある慶應義塾大学考古学研究会に所属されていたのですが、慶應考古学の実証的精神が深く感じられるお話でした。

 

第2部 「江戸の食文化・そば切り今昔」

講師:菅谷国雄(昭和37年経済学部卒)IMG_4649 (2)

昭和37年経済卒(慶応高校)
島崎ゼミ  ワンダーフォーゲル部(KWV)
国分寺三田会 第4代会長
福沢諭吉読書会
蕎麦切り30余年
ゴルフ他趣味多彩

 菅谷さんは、二百数十年に及ぶ平和の時代、パックス・トクガワーナが生み出した日本文化は必ず後世に継承しなければならない貴重な財産であり、その中の一つとしてそばを取り上げられました。300年近い平和が人類史の中でいかに稀有のものかは、他にはクレオパトラで知られるプトレマイオス朝の260年の平和があるくらいである。それほど稀有なものであるから、そこから生まれたものも人類全体の財産と言っても良いくらい貴重なものであるというお話でした。
 そばのルーツは諸説あるが、奈良時代の遣唐使が持ち帰った粉製品が僧侶の精進料理として食されたのが始まりとされるそうです。その後、伊吹山中腹の太平護国寺で水田に適さない傾斜地で、救荒食物としての蕎麦が栽培されたが、ここは昼夜の寒暖差が大きく蕎麦の栽培に適していて美味であり、客人にも評判となり、彦根藩から江戸幕府に献上されたという記録があるそうです。室町・戦国時代までは小麦粉に混ぜて、団子や蕎麦がきとして食べられていましたが、江戸時代になってそば切りが流行するようになり、江戸時代末期には食べ物屋6000軒のうち、3000軒の蕎麦屋があったと伝えられています。蕎麦の普及については、そばによって江戸患いと言われたカッケを克服しようとしたという説を批判的に紹介され、そばの普及は江戸町人の嗜好という文化的要因ではないかと推測されました。
 お話の中では人口学について言及があり、平和が続いた江戸時代に非常に人口が増加し、これが江戸文化の創造に大きく貢献したということが紹介されました。
 最後は、柳家小さんの「時そば」を聞き、大いに笑うと共に、江戸文化がどれほど現代人にも根付いており、また継承していかなければならないかを実感して素敵な時間が終わりました。菅谷さんのお話には、なにか落語家のはなしのような雰囲気が感じられて引き込まれ、伝統というものの意味を感じさせられました。

 

【C】第23回料理実習を開催しました(La Madre Cooking)

2021年11月8日にひかりプラザ生活実習室の利用が再開され、クリスマス間近の12月21日に
1年10ヶ月ぶりの料理実習を開催しました。参加人数は、ご指導頂いている先生を含めて16名でした。
(生活実習室の定員は30名ですが、内規として最大20名としています。)
料理実習のテーマは「野菜たっぷりのホームパーティー」、20種類以上の彩り鮮やかな野菜をたっぷりと
堪能しました。食材のベーコンとアンチョビを除けば菜食主義者、乳製品を除けば完全菜食主義者です。
具体的なメニューや料理で使用した野菜・果実については「会報63号」をご覧いただければと思います。

料理実習の開催条件として国分寺市から策定を求められた「新型コロナ感染防止策」の概要をご参考として
以下に記載します。感染防止策は昨年11月中旬に承認申請し、11月末に国分寺市の承認を得ました。
 1.施設利用前の留意事項(8項目)
   過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診・服薬等した場合は参加を控える。ほか
 2.施設入・退館時の留意事項(5項目)
   入館時はロビーのサーマルカメラで検温し、異常値が認められた時はスタッフの指示に従う。ほか
 3.生活実習室利用時の留意事項(8項目)
   感染防止担当者は非接触型体温計で参加者全員を検温して平熱を確認する。ほか
 4.調理中の留意点事項(10項目)
   調理中はエプロンで手を拭かずに、使い捨てのペーパータオルを使用する。
   調理中は髪の毛や顔を触らないように注意する。
   食材を切り分ける時、盛付けの時等には、使い捨てビニール手袋を着用する。ほか
 5.飲食時の留意事項(12項目)
   黙食を徹底し、会話時はマスクを着用する。
   料理酒を含め飲酒は厳禁とする。ほか
 6.感染発生に備えた対処(3項目)
   参加者に感染者が発生した場合、市の指示の下、濃厚接触者把握のために保健所の調査に協力する。
   当会は料理実習終了後に懇親会等の会合を開催しない。ほか

<以下は料理実習時の写真です>

最近(2022.1.7)のオミクロン株による感染拡大を見ると、いい時期に開催出来たと思っています。
生活実習室は2月22日の予約が取れていますが、今後のコロナ感染状況を注視したいと思います。
                                     (文責:沼野)