【麻】平成31年(2019年)1月、白鳥杯新春チャンピオン大会を開催!!

当麻雀会では新春早々の1月3日(日)、第6回白鳥杯争奪戦チャンピオン大会をJR国立駅南口より徒歩数分の雀荘「キャベツ」で開催しました。昨年は国分寺の雀荘「三千院」でしたが、「三千院」は改修工事のため暫らく閉店。新規開拓した国立の雀荘「キャベツ」での大会となりました。
新春早々の雀荘は、ほぼ我等三田会の麻雀卓で占拠する状況。タバコを吸う人も少なく、気分のよい大会となりました。
チヤンピオン大会は、昨年の月例会優勝者から10名(加藤、平林、利根川、安齋、菅谷、田村、常谷、篠崎、小林、横瀬)とワイルドカードから出場権を得た2名(大石、岩田、)計12名(3卓)での熱い闘いとなりました。小林隆夫さんは昨年10月、横瀬さんは11月の例会で優勝。二人とも暫らく優勝から遠ざかっていましたが、古豪復活の月例会優勝者として参加しました。
正月らしくお酒で乾杯、写真撮影の後にプレイ開始。10時30分~17時30分までの7時間に及ぶ長期戦、体力と知力が勝負の決め手になります。
途中3回、これまでの得点により組合せを再編成。これは参加者全員に優勝のチャンスを与えるための麻雀卓のリフレッシュ。大物の手造りを狙い、指の運動と頭の体操が加わりボケ防止に最適な新春の闘いに。今回は大物手役として大石さん、篠崎さんの2名が四暗刻の役満を和了しました。
熱戦の結果、今回栄えある「白鳥杯」を獲得したチャンピオン、優勝者は、安齋さん(S39経)、2位は大石さん(立川三田会)、3位は加藤さん(S38経)の順となり、2年連続優勝の加藤さんの3連覇は成らず、永世名誉名人の称号はお預けとなりました。
新年会は場所を変え、同ビルの居酒屋にて開催。参加者の持ち寄った賞品を取り揃え、全員でプレゼント交換。プレゼント交換は入賞できなかった人に優先権があり、自分の好きなものをゲット。入賞者は賞金と豪華景品をゲットして一同、大満足の一時を過ごしました。
最近の健康麻雀ブームについて一言。「かつての麻雀の不健康な部分を取り去った、賭けない、飲まない、吸わない(タバコ)健康麻雀。自分の手牌を揃えながら3人の相手の進捗状況を推理するわけですから脳を常にフル回転させる必要があり、これは脳トレをしている状態。頭を使う、手先を使う、人と会話をすることの多い人は認知症になりにくいといわれています。実際麻雀をしている高齢者の脳血流を測ったところ前頭葉の血流が活性化していたとのこと。麻雀は認知症予防に最適なゲームといえます。」

今年度の闘いは、既に昨年12月から始まっています。月1回の集まりですが、脳の活性化も期待できる健康麻雀。参加メンバーも次第に若返ってきており、是非一度麻雀会に遊びにきてください。一緒に楽しみましょう。

【麻】来たれ!若者!―第170回例会(2018年8月)

当会においては、なかなか新人の加入がなく、現有勢力でメンバーがやや固定化されているため、年初の会員の平均年齢は、一人ずつ1歳年をとりますので、前年比プラス1歳となっていることが推察されます。プロ野球の某在京球団においても、複数の若いドミニカ共和国出身の育成選手が支配下登録(2軍以上の試合に出場できる選手登録)され、活躍しています。当会においては、特に65歳以下の若手選手(65歳といっても、「超若手」の範疇・青年団に入ります)の支配下登録数を増やし、平均年齢を下げることが喫緊の課題となっております。バーチャルの麻雀オンラインゲームは盛んとのことですが、先輩達の昔話や冗談に囲まれて、和気藹々としたリアルの麻雀を楽しみませんか。

当会は、毎月第4日曜日午前11時に、JR国分寺駅南口の雀荘「三千院」に集合し、月例会を開催しております。本年8月は、例会開始以降一度たりとの休会がなく、170回連続して懇親を深めており、今後とも余程の事が無い限り記録が途切れることはないと自負しております。

今年度の月毎(前年12月~本年11月)の優勝者が翌年1月3日に集い、真のチャンピオンを決定するチャンピオン大会白鳥杯が開催されます。因みに、今年度の月例優勝者は、次の通りです。12月は若手のホープ利根川さん(S51経)、1月は大御所である菅谷さん(S37経)と誰もが認める実力者安齋さん(S39経)が同点で2名優勝、2月と7月は論理的な雀風の田村さん(S44経)、3月は、お待たせしました常谷さん(S46政)、4月は硬軟使い分ける臨機応変体制を敷く平林さん(S47経)、5月はオープンリーチで先行リーチ者を恐怖に陥れて喜ぶ岩堀さん(S39政)、6月は待ちに待った新入会者篠崎さん(S54経)となっております。

指先を動かすこと、考えること、素早く判断すること等が認知機能の低下防止に繋がります。過去に麻雀に触れた塾生を心よりお待ちいたします。

なお、残念ながら本年2月に会員の渡辺義廣さんが(S44政)ご逝去されました。合掌。

 

[麻]2018年(平成30年)1月:新春麻雀チャンピオン大会開催!!

新年明けましておめでとうございます。当麻雀会では新春早々の1月3日(日)、第5回白鳥杯争奪チャンピオン大会をJR国分寺駅南口より徒歩数分の雀荘「三千院」で開催しました。
新春早々なのに雀荘はほぼ満員状況。熟年オジサンの麻雀熱は未だに健在です。タバコを吸う人も少なく、健康麻雀ブームが到来したような気分になります。

チヤンピオン大会は昨年の月例会優勝者から7名(安齋、平林、吉沢、利根川、渡辺、伊東、田平)とワイルドカードから出場権を得た5名(竹内、横瀬、加藤、小林、常谷)の12名での熱い闘いとなりました。

正月らしくお酒で乾杯、写真撮影の後にプレイ開始。10時30分から~17時30分までの7時間に及ぶ長期戦、体力と知力が勝負の決め手になります。

途中14時頃、これまでの得点により上位チーム、中位チーム、下位チームに組合せを再編成。これは参加者全員に優勝のチャンスを与えるための麻雀卓のリフレッシュです。

大物の手造りを狙い、指の運動と頭の体操が加わりボケ防止に最適な新春の闘いに。これまでに出なかった珍しい役として、清一色、3連刻(サンレンコー)、単騎待ちでの和了がありました。

熱戦の結果、今回栄えある「白鳥杯」を獲得したチャンピオンは、2年連続優勝の加藤さん(S38経)で第1ラウドから波に乗り、第2ラウンドも順調で勝利。2位は利根川さん(S51経)、3位は平林さん(S47経)の順となりました。3回優勝すると永世名人の称号と永久出場権が与えられます。来年3連覇を阻止できるか他のメンバーの奮起が期待されます。また、ワイルドカードからの参加者には3万点のハンデイを設定し、例会優勝者との公平性を考慮しています。

新年会は場所を変え、参加者の持ち寄った賞品を取り揃え、全員でプレゼント交換。入賞者は賞金と豪華景品をゲット。参加者は大満足の一時を過ごしました。

当麻雀会の立ち上げ時からのメンバーである横瀬靖夫(S36法)先輩の麻雀に対する感想を聞きました。『麻雀は数ある室内競技の中でも最高のゲームだと思います。運と実力の組合せが絶妙で、全くの初心者でもベテランと対等に戦うことができ、また、序盤で方向を誤っても中盤の配牌で局面が変わり、勝ちにつなげることが出来るからです。』と・・・

今年度の闘いは、既に昨年12月から始まっています。月例会優勝者はチャンピオン大会の出場資格を獲得。また来春のチヤンピオン大会が楽しみです

月1回の集まりですが、頭の活性化も期待できる麻雀、参加メンバーも次第に若返ってきており、近年三田会に入られた方で若い頃麻雀に明け暮れた方、家庭麻雀の初心者も歓迎です。是非一度麻雀会に遊びにきてください。一緒に楽しみましょう。

<連絡先>昭和47平林 正明

【麻】麻雀会 155回定例会を開催!!(2017年5月28日)

当会は、毎月第4日曜日11時~国分寺駅南口近くの雀荘「三千院」に集合し、楽しい一時を過ごしています。5月には第155回目の定例会を開催しました。最近は会費も少しアップして優勝賞金も増え、麻雀士の皆さん益々やる気を出してきています。当会は手造りを楽しむルールとなっているためかこれまでに出た役満は、奇跡といわれる「天和」、ダブル役満の「四暗刻単騎待」「大三元」、「国士無双」等。大物狙いのダイナミックな役造りで楽しんでいます。
故白鳥眞澄(S24経)先輩が麻雀にこんなコメントを言っておられました。『栄枯盛衰は世の習い、昨日のどん尻も一度雲を掴めば龍の如く今日は優勝者となる。この過程に尽くす喜び、楽しみこそ麻雀の醍醐味。また昨日の他人も今日は友。これも麻雀の功徳。仲間にお誘い頂き感謝いたします。』と・・・90歳頃まで麻雀を楽しんでおられました。
さて来年1月の白鳥杯!チャンピオン大会に向けて例会の優勝者は、次の通りです。2016年12月、実力あるも暫らく優勝から遠ざかっていた安齋(S39経)さん、2017年1月、2月、連続優勝の平林(S47経)さん、3月、オープンリーチの得意な岩堀(S39政)さん、4月、定例会初優勝の吉沢(S38商)さん、5月、若手のホープ利根川(S51経)さんとなっています。未だ優勝されていない方は優勝チャンスも段々少なくなってきますので早めに優勝されるよう頑張ってください。ボケ防止に最適な麻雀、PPK(ピン、ピン、コロリ)を目指し90歳まで健康麻雀を楽しみたい方、昔を思い出してまた麻雀しませんか。後輩は先輩に古きをたずね、先輩は後輩に新しきをたずね、和気藹々、春風駘蕩。いや~麻雀って楽しいですね。新規の入会大歓迎いたします。

麻雀会世話役

【麻】2017年(平成29年)1月:新春麻雀チャンピオン大会開催!!

新年明けましておめでとうございます。
当麻雀会では新春早々の1月3日(日)第4回白鳥杯チャンピオン大会をJR国分寺駅南口より徒歩数分の雀荘「三千院」で開催しました。
新春早々なのに雀荘はほぼ満杯。熟年の麻雀熱が衰えていないことに驚きです。
チヤンピオン大会は昨年の月例会優勝者8名とワイルドカードから勝ち上がった4名の計12名での熱い闘いとなりました。
正月らしくお酒で乾杯、写真撮影の後にプレイ開始。10時30分から~17時30分までの7時間に及ぶ長期戦なので体力勝負と知力勝負が加わります。
途中14時頃にその時点までの順位に依り上位チーム、中位チーム、下位チームに組合せを再編成。参加者全員に優勝のチャンスを与えるため卓のリフレッシュをします。大物の手造りを狙い、指の運動と頭の体操が加わりボケ防止に最適な新春の闘いとなりました。

熱戦の結果、今回は月例会での優勝者が実力を発揮、栄えある「白鳥杯」を獲得したチャンピオンは、加藤さん(S38経)で第1ラウンドの後半から波に乗り、第2ラウンドではぶっちぎりの大勝でした。2位は小林さん(S39法)、3位岩田さん(S45工)の順となりました。また、今回からワイルドカードからの参加者には3万点のハンデイを設定したのでワイルドカードから入賞された岩田さんは大健闘されたと云えます。
表彰式は新年会として場所を変え、参加者の持ち寄った賞品を取り揃え、全員でプレゼント交換。入賞者は賞金と豪華景品をゲット。参加者は大満足の一時を過ごしました。

今年度の闘いは、既に昨年12月から始まっています。月例会優勝者はチャンピオン大会の出場資格を獲得します。また来春のチヤンピオン大会が楽しみとなります。
参加メンバーも次第に若返ってきており、近年三田会に入られた方で若い頃麻雀に明け暮れた方大歓迎です。是非一度麻雀会に遊びにきてください。一緒に楽しみましょう。

世話役

DSCN3584

【麻】第150回記念大会2016年12月25日(日)開催さる!!

当麻雀会は2004年7月24日第1回例会から一度も休会することなく13年間を経過し、去る2016年12月25日(日)第150回記念大会を国分寺の雀荘「三千院」で開催しました。今回の参加者はこれまで最多の20名で、雀荘の半分以上が三田会員で埋め尽くされ、熱い闘いが繰り広げられました。記念大会に相応しく持ち寄ったお酒で先ず乾杯、記念写真を撮ってプレー開始。また、クリスマスとも重なったため各々クリスマスプレゼントの賞品を持ち寄り、試合後のプレゼント交換に備えました。
当会は吸わない!賭けない!ボケない!をモットーに手造りを楽しむ麻雀を目指していますが、今回も岩田さん(S45工)が役満の国士無双を上がるなど大物狙いの役づくりを楽しみました。
記念大会の優勝者は、実力抜群ながら最近2年間優勝から遠ざかっていた安齋さん(S39経)、2位利根川さん(S51経)、3位加藤さん(S38経)となりました。優勝者は勿論、上位10位までの入賞者には賞金が出て会費の一部が戻る仕組みになっているのも、当会が長続きしている理由といえましょう。

試合後は会場を移して盛大に表彰式とクリスマスのプレゼント交換を実施。また過去150回に遡って個人別優勝回数、出席率、最多得点者、最多失点者等々のランキングを分析しその結果が公表され、一部の会員には賞品が渡されました。
参加者は150回記念大会が盛大理に行われ13年間続いてきた例会に感謝するとともに次の200回記念に向けて健康で麻雀が続けられるよう誓い合いました。
いやあ~麻雀・・・楽しいですね。ボケ防止で長生きできるので昔麻雀に溺れていた方、昔を思い出してまた麻雀しませんか。お待ちしております。

世話役

 

【麻】定例麻雀会(2016年2月~2016年5月)

当会は、毎月第4日曜日の11時~国分寺駅南口近くの雀荘「三千院」で吸わない!

(タバコ)、ボケない!長生きしたい!をモットーに楽しい一時を過ごしています。

例会の参加費用は昼食代、場所代、会費全て込みで3,100円。運がよければ会費の一部を回収でき、通常3~4卓(12名~16名)で牌を囲んでいます。

最近大学時代、麻雀に溺れた新入会員が増えているためか、実力者揃いでよほどツキに恵まれないと優勝するのが難しい状況となっています。これまでの例会の優勝者も、2月利根川さん、3月小田島さん(立川)、4月廣瀬さん(立川)、5月小林さんと月毎に入れ替わっています。ゲスト参加の立川三田会メンバーが2回連続優勝するなど異例ずくめ。2月例会では大物狙いで手造りにこだわりがあるためか「国士無双の役満」がでて元気をもらいました。

頭と指先を使う麻雀は健康に有効との科学的な実証もされており、脳活を楽しみながら長生きを目指す方は是非遊びに来てください。お待ちしています。

%e9%ba%bb%e9%9b%80%e4%bc%9a2016-6-04

世話役 平林正明(s47)

【麻】定例麻雀会(2015年10月~2016年1月)

当会は、毎月第4日曜日の11時から国分寺駅南口近くの雀荘「三千院」で脳活!ボケ防止!健康!を目指して楽しい一時を過ごしています。参加費用は食事代、場所代、会費込みで3,000円のみ。
古き良き時代に麻雀に溺れた新入会員が増えた結果、実力者揃いでよほどツキに恵まれないと優勝するのが難しい状況となっています。これまでの例会の優勝者も、10月平林さん、11月岩田さん、12月常谷さん、1月平林さんと月毎に入れ替わっています。
新春1月3日には月例会優勝者を中心に歴戦の強者が勢揃い、3卓(12名)で年間チャンピオン大会~白鳥杯争奪戦!を開催。今回は月例会優勝者の一人として参加された渡辺(義)さん(S44)が栄えある第3回『白鳥杯』を獲得し見事優勝されました。1月24日(日)の月例会では久し振りに四暗刻単騎待ちのダブル役満が出て会場一杯元気をもらいました。
頭と指先を使う麻雀は健康に有効との科学的な実証もされており、故白鳥先輩も90歳近くまで卓を囲んでいました。健康、脳活で楽しく麻雀をしたい方は是非遊びに来てください。
お待ちしています。

%e9%ba%bb%e9%9b%80%e4%bc%9a2016-1-28-1

%e9%ba%bb%e9%9b%80%e4%bc%9a2016-1-28-2
世話役 平林正明(s47)

 

【麻】2016年(平成28年)1月。新春麻雀チャンピオン大会開催

新年明けましておめでとうございます。
麻雀会では新春早々の1月3日(日)第3回白鳥杯争奪戦となるチャンピオン大会を開催。
会場はJR国分寺駅南口より徒歩数分の雀荘「三千院」ですが、新春早々なのに雀荘はほぼ満杯。熟年の麻雀好きが衰えていないことに驚きです。新春大会は昨年の月例会優勝者8名とワイルドカードから勝ち上がった4名の計12名、3卓での熱い闘いとなりました。
前回チャンピオンの菅谷さん提供のシャンパインで正月らしく乾杯、写真撮影、それからプレイ開始。10時30分から~17時30分までの7時間の長期戦です。途中14時頃にその時点までの勝ち点により上位チーム、中位チーム、下位チームに組合せを再編成。参加者全員に優勝のチャンスを与えるためのリフレッシュです。また、長時間の闘いなるため体力、知力が必要。手、指の運動を加え、ボケ防止に最適です。世話役の準備した日本酒、ビール、焼酎、ワイン他つまみで気持ちよくプレイを続行。新春の新鮮な闘いとなりました。
今回、栄えある白鳥杯を獲得したチャンピオンは、渡辺(義)さん(S44卒)。これまで1回~2回ともワイルドカードから勝ち上がった方が優勝者でしたが、ようやく月例会での優勝者が実力を発揮。2位は田村さん(S44卒)、3位大石さん(立川三田会)の順となりました。
表彰式は新年会として場所を変え、参加者の持ち寄った賞品を取り揃え、入賞者は賞金と豪華景品をゲット。参加者は大満足の一時を過ごしました。
今年度の闘いは既に昨年12月から始まっています。月例会優勝者はチャンピオン大会の入資格があります。参加メンバーも次第に若返ってきており、近年三田会に入られた方で若い頃麻雀に明け暮れた方大歓迎ですので是非一度麻雀会に遊びにきてください。一緒に楽しみましょう。

国分寺三田会、麻雀会(2016.01.03.)DSCN7390 (2)

世話役 小林隆夫(S39)・平林正明(S47)

【麻】麻雀会例会

当麻雀会は、吸わない!賭けない!手造りを楽しむ!健康麻雀を目指しています。

例会は毎月第4日曜日11時〜国分寺駅南口にある雀荘「三千院」で会費1,000円、場所代2,100円(含昼食代)のお手軽費用で半日楽しい一時を過ごしています。

通常3卓〜4卓の人数で牌を囲んでいますが、昨年から新入会員が増え、レベルも上がり、よほどツキに恵まれないと優勝するのが難しい状況下で熱い闘いが繰り広げられています。これまでの例会の優勝者は、1月田村さん、2月渡辺(義)さん、3月菅谷さん、4月・5月岩堀さんでした。脳活!ボケ防止!健康!を目指して楽しく一緒に牌を囲みたい方は奮って参加してください。