【E】第120回Oh!Enkaの会を開催しました

1.日時   平成31年 3月23日(土)10:00~12:00

2.会場   国分寺リオンホールB

3.出席者  会員(国分寺三田会、国分寺稲門会等)51名
・      非会員(国分寺三田会、国分寺稲門会、出演者関係者等)17名
・      計68名
・      ギター:山崎俊道
・      シンセサイザー:山田玲子

4.スケジュール
・塾歌斉唱
・第1部  山崎俊道ギターコンサート
・     (プロフィールは下記をご参照ください)
・第2部  山田玲子シンセサイザー演奏
・第3部  皆で歌おう:①エーデルワイス ②花 ③花のまち ④どじょっこふなっこ
・エール交歓 若き血(指揮:平林正明会員)

・今日はまず塾歌斉唱から始まりました。
・続いてすぐ第1部の山崎俊道ギターコンサートが始まりました。
今回のコンサートは、吉村太郎会員のご紹介で実現いたしました。山崎さんは慶應義塾大学工学部から大学院修士課程を経て、プロのギタリストとなり、現在小平三田会会員でもあります。プロフィールは下記をご覧ください。
曲目は① エアー                    J.ダウランド
② エリザベス女王のガリヤルド     J.ダウランド
③ 魔笛の主題による変奏曲            F.ソル
④ アメリアの誓い                M.リョベート
⑤ グランソロ                  F.ソル
⑥マリエッタ                    F.タレガ
⑦マリア                      F.タレガ
⑧アルハンブラの想い出             F.タレガ
⑨朱色の塔                   I.アルベニス
⑩アストゥーリアス               I.アルベニス
でした。
盛大な拍手に応えてのアンコールは、お馴染み“禁じられた遊び” とヴィラ・ロボスの“エチュード第1番”でした。
皆さん一度は耳にしたことがあるギターの名曲をそろえていただきました。落ち着いてしっとりしたクラシックから、時には情熱的に、異国情緒もたっぷりの素晴らしい演奏でした。
曲の解説は山崎さんの簡潔で要点を得た解説がプログラムに掲載されていますので、そのまま引用いたします。
*エアー、エリザベス女王のガリヤルド
J.ダウランド(John Dowland 1562-1626 英国)
当時のヨーロッパで評判のリュート奏者。1588年オクスフォード大学で音楽学士号取得。1598年から1606年までデンマーク王室リュート奏者。1612年に念願のエリザベス女王の王室リュート奏者となる。
* 魔笛の主題による変奏曲、グランソロ
F.ソル(Fernando Sor 1778-1839スペイン)
バルセロナに生まれ、モンセラート音楽院で作曲を学び、後にマドリッド、パリ、モスクワなどで活動の後、パリで没す。弦楽曲、交響曲、バレー曲、歌曲などの作品を残したが、ギターでは古典時代の最も重要な作曲家。
* アメリアの誓い
ミゲル・リョベート(Miguel Llobeto 1878―1938スペイン)
バルセロナのギタリスト、作曲家。  カタロニア民謡集のなかの1曲
*マリエッタ、マリア、アルハンブラの想い出
F.タレガ(Francisco Tarrega 1852-1909 スペイン)
作曲家、ギタリスト。多数の作品はギターの芸術性を高める一方、アルベニスやショパン、シューマンなどの曲をギターに編曲、ギターのレパートリーを豊かにした。
マリエッタはマリアの通称、自分の娘の名。アルハンブラの想い出はアルハンブラ宮殿の情景を描いた曲。
* 朱色の塔、アストゥーリアス
I.アルベニス(Isaac Albeniz 1860-1909スペイン)
スペイン国民楽派を代表する作曲家、ピアニスト。カタロニアに生まれ、幼少から才能を発揮、スペインやヨーロッパを演奏旅行した。アルベニスはグラナダにいたときアルハンブラの城に住んでいた。城の西にある塔が夕日に染まるので朱色の塔と呼ばれる。ピアノ曲集「スペインの歌」で第1曲に〈プレリュード〉の曲名でアストゥーリアスを置いている。ギターではスタンダードなレパートリーとして定着している。

・第2部は山田玲子先生のシンセサイザー演奏です。
今回は会場のピアノが他団体に押さえられ使えませんでした。世話役一同困り果てていたところへ、山田玲子先生からシンセサイザーを持ち込んでいただけるとの嬉しいお申し出がありました。折角ですので、シンセサイザーで懐かしの映画音楽を演奏していただきました。
曲目は①シバの女王
②太陽がいっぱい
③エーデルワイス
④ロシアより愛をこめて
⑤男と女(アンコール)
でした。
いろいろな音を自由自在に出せるシンセサイザーを曲に合わせて見事に操っていただきました。
いずれも会員皆さんの青春時代に一世を風靡した名曲です。甘く切ない想いを懐かしんでいただけたのではないでしょうか。
・第3部は「皆で歌おう」です。
シンセサイザーの伴奏でいつもとは趣の違う第3部となりました。
ようやく訪れた春の歌を皆で明るく元気に歌いました。
・最後は全員が肩を組み平林正明会員指揮による「若き血」斉唱です。声高らかにエールの交歓を行いお開きとなりました。

【山崎俊道氏プロフィール】
8才よりバイオリンを始める。ギターを芳志戸幹雄氏に、近年セゴビア音楽院のフランシスコ・クエンカ氏に師事。指揮法、合奏法、音楽理論を各専門家に師事。1976年、小平ギターコンサートをきく会を設立、今年3月で第222回を迎えた。最近では2014年12月、NHKラジオ深夜便に出演。2015年名古屋で、2016年、清里でソロコンサート。2017年3月千葉県文化会館にて講演と演奏。2017年5月、オペラシティー近江楽堂でリサイタル。日本スペインギター協会会員、日本ギタリスト協会会員、フォルマールギタリスタス会員。日本橋ギターアンサンブル講師。手の合理的メカニズムを研究。1965年慶応義塾大学大学院卒。

世話役代表:塩井勝也(S41法) 世話役:斎藤信雄(S38政)、金田 一(S42工)、高橋伸一(S45法)、久保田宏(S46工)、芳賀 崇(S47経)、平林正明(S47経)、山田 健(S47経)、池田敏夫(S47商)、井上 徹(S49政)

♪次回以降の予定
・4月6日(土)午前10時~12時、いずみホールB:Songs
・5月11日(土)午前10時~12時、本多公民館音楽室:Songs
・6月30日(日)午前10時~12時、本多公民館ホール:
ありめせつこさんのソプラノコンサート

 

【歴】第88回 歴史をひもとく会 開催報告

 

武蔵国分寺以前の歴史

 ~古墳時代から律令時代の黎明期を中心として~

人は、古代の話に触れる時、そこはかとなくロマンの雲が湧き出でる。身近なことなら猶更に。そんな趣向の下、第88回講演会は、平成31年2月23日(土)に、ひかりプラザ2Fのセミナー教室にて、わが町国分寺市域に点在する古代の遺構にまつわるお話をメインテーマに、国分寺市の市政戦略室に在籍し、将来を嘱望されている新進気鋭の学芸員、増井有真氏を講師にお招きし、歴史をひもとく会の会員49名の参加者の下で行われました。

 

【 増井有真氏略歴 】IMG_9120A

立正大学大学院(文学研究科史学専攻)卒。石造文化財調査研究所・品川区立品川歴史館・武蔵国分寺跡資料館を経て国分寺市市政戦略室勤務(観光協会事務局兼職)の傍ら、市内外で講演活動を継続中。
◇著書・論文 見学ガイド「武蔵国分寺のはなし」他多数。

 

冒頭、講師は歴史に埋もれた「もし・・・」の話として、「幻の熊ノ郷遺跡」から説き起こします。前国分寺住職の星野亮勝氏(当分科会の代表世話役、星野信夫氏の実父)が偶然に発見した土器の破片を考古学者に調査依頼したにも拘わらず、忘れられてしまい、後から発見された「岩宿遺跡」にその座を譲ってしまった。もし・・であれば考古学史上の旧石器時代研究の原点となっていたかもしれないというお話。縄文時代の重要文化財「勝坂式土器」の発掘、考古学の学術用語発祥の遺跡「本町(国分寺村石器時代)遺跡」、弥生時代に当たる「花沢遺跡」等々、国分寺駅周辺の地から貴重な学術資料が相次いでいることを紹介していきます。紀元3世紀から、多摩川流域に多くの古墳が作られて、古墳時代後期の6~7世紀になると、国分寺崖線の斜面には、横穴式の古墳が作られていったようです。やがて時は移り、古墳時代が終焉し、飛鳥の時代に入ると、仏教の伝来により、支配イデオロギーとしての国家仏教を軸とした秩序の形成が行われていきます。そして、乙巳の変(大化の改新)・壬申の乱を経て中央集権的な律令国家体制が進み始め、国府の設置・道路網の整備・国分寺の建立が行われます。我々の住んでいるこの国分寺市域は古代において枢要な地歩を占めていたことがよく判ります。

 

休憩を挟んで、後半は主に古代道路のお話です。

7世紀後半から8世紀にかけて国の支配体制を全国に及ぼすために、五畿七道の整備が行われ、都と国府を結び、中央と地方間を迅速に往還できる道路が作られました。駅制と呼ばれる交通・情報伝達システムに基づく駅路として整備されたのが「東山道・東海道・山陽道・山陰道・北陸道・南海道・西海道の七道」です。一定の区間に駅家を設置し、駅馬・駅使が置かれて、駅家間を結ぶ駅務に当たっていました。当時のメイン道路である東山道は、上野から下野に延びているため、武蔵国に来るには、途中で東山道武蔵道を南下しなければならなかったのです。この東山道武蔵道が国分寺市内を通っており、国分寺市泉町地区の古代道路の発掘は平成7年から開始されています。その発掘にまつわる詳細かつ興味深い説明が続きます。瞠目すべき事に、現代の高速道路建設に当たり、国が科学技術を動員して行った道路計画の立案線と古代道路が極めて近似していたそうです。将に古代人の英知が現代に通じていることに驚くと共に、ローマ街道と同じく、将に道がその時代を作ったと云えるのではないでしょうか。

 

「旧じゃこあなへかむ」の歴史の糸に導かれて語られる珠玉の話題、講師の明快な語り口と分かり易いトークに魅了され、出土品にまつわる興味深い話が次々と紹介されて、古代世界に大いに引き込まれてあっという間に講演時間満了となりました。

会場内には私語一つ聞こえず、頻りに講師の話に頷いたり、感じ入ったり・・・・恰も遥かな時代に思いを馳せ、ロマンの雲の中を漂っている様な表情の方も見受けられました。

 

因みに、今回は主催者側の要望で多岐にわたるお話を盛り込んでいただいたので、予定時間内に収まり切らない悩みもありました。もし次の機会があれば、今回の内容を分割して、じっくりお話ししていただきたいとの希望が多く寄せられています。

以 上

【Y】The Young Salon第33回講演会のご案内

The Young Salonの会の皆様

このところやっと暖かな日も現れ始め、長かった冬も峠を越えそうなこの頃ですが、 皆様如何お過ごしでしょうか。
来る4月13日(土)、当国分寺三田会の沼野さんの紹介で、四宮信隆氏を講師にお迎えし、講演会を開催致します。  四宮先生は1974年慶應義塾大学経済学部を卒業後、外務省に入省され、これまでマルセイユ日本国総領事、法務省大臣官房審議官、モントリオール日本国総領事、ドミニカ共和国(兼ハイチ共和国)駐箚特命全権大使、ポルトガル共和国駐箚特命全権大使を歴任されたわが国の外交官です。現在日本ポルトガル協会会長を務めておられます。

今回は講演会テーマとして「国家が破綻する時:ポルトガルのソブリン危機」を取り上げました。その中でポルトガル破綻の状況・原因、政府の緊縮政策と国民の苦闘、国際社会の支援、ユーロ危機と制度改革、経済の再生やポルトガルの魅力などについて語って頂くこととしております。
ご既高承の通り、ポルトガルはヨーロッパから最初に海路で中国や日本等東アジアに接触を持った国、日本へはフランシスコ・サビエルがキリスト教を伝えました。鉄砲の伝来もポルトガルからです。探検家ヴァスコ・ダ・ガマの名前や、ブラジル植民地化の歴史については中学校の教科書にも載っていたかと思います。

日頃は米国や中国、北朝鮮問題のニュースがTV、新聞ニュース欄を賑わしておりますが、今回はわが国とは古くから歴史上深い繋がりのある国、「ポルトガル」についてお話をお聴きしてみたいと思います。

また、時間が許せばこの機会に海外での特命全権大使の任務とはどのようなものなのか、ご苦労された事やエピソード等を含め、お話を聴いてみたいと思います。 皆様、この機会を捉え是非講演会にご参加頂きたくご案内申し上げます。

尚、講演会終了後、ご参加頂いた皆様には講師を交えての懇親会を予定しておりますので、準備の都合上、①講演会及び②懇親会、夫々への出欠のお返事を3月20日(水)迄にご連絡頂きたく、宜しくお願い致します。

  1. 演題:「国家が破綻する時:ポルトガルのソブリン危機」
  2. 講師:四宮信隆氏
  3. 日時:2019年4月13日(土)午後2:30pm~4:30pm(受付:2:00pm~)
  4. 会場:国分寺労政会館 第3会議室     国分寺市南町3-22-10     JR中央線、国分寺駅南口から徒歩5分
  5. 会費:1,000円

The Young Salon
世話役 前原憲一 小林一夫 板橋章一