<尚商立国論要旨>

・古来日本は尚武の国と称して武を事にする者を武士と名付けて社会の上流に位置付け、武道を重んずるが故に武士
 を尊ぶ「尚武立国」の風を成していた。
・今日では鎖国時代と違って何をするのも金が必要であり、国を富ます方法は商工殖産の道による以外にないと考
 える。
・その金の依って来る所は商工にあるので「尚武」の文字を借用して「尚商」の新文字を作り、商売を以て国を富ま
 せ、その富を以て国事を経営する事が「尚商立国」の新主義であり、今日の論題となり出した事は喜ぶべきである。
・商を尚ぶ(たっとぶ)とは、商を封建時代の武と同様にすると云うことであり、商道に従事する商人を尊ぶとは、
 武道に従事する武人を尊ぶと同様にして初めて天下に尚商の風を成すのである。
・しかし封建時代にあった武士と平民の尊卑は、維新の社会では「官尊民卑」に変形し、その賤しき人民に商売を
 託しながら尚商立国の主義を称えても、一時の小計策に過ぎず、我輩は敢えて之に依頼しない者である。
・この主義を重んじ本気で取組むのであれば、社会の積弊である官尊民卑を取り除いた上で、商人の身に重きを置
 いて商道を重要なものとし、その後に奨励策を講ずるべきであるが、この事は流石に難しく速成は期待できない。
 我輩はその難しさを忍んで少しでも進歩することを切に祈る所である。
・官途人の驕傲も商人の卑屈も、祖先からの遺伝であって容易に改まる様子にないのは日本社会の勢いであって、
 智者と云えどもその改良には妙案がない。
・朝野の士人が心事を一転し、商を重んじる事昔年の武を重んじる事と同様にして国を立てる事の必要性に気づい
 たら、官途の方から率先して官尊民卑の陋習を除き一歩でも平等の方向に進むであろう。
・尊卑とは相対の語であって、従来のように官途人が独り社会の高処に居て人民が登って来るのを待つのではなく、
 先ず自分から人民に近づく工夫が大切である。
・商工の輩も、官途に対し軽重の平均を得て社会全体の地位に重きを増して来れば、人物も集い来て益々重きを加え
 遂には我が商工業が立国の要素となる日も来るであろう。
・「官尊民卑の陋習を捨て尚商立国の前途に障害を排する」の説も、「廃藩置県」の時と同様に、今日でこそ奇論であ
 るが、数年の後には当たり前の事として之に驚く者もなくなるであろう。
・我輩、過去に照らして将来を想像すれば、今後10年、20年の内には、今日の奇論も必ず奇ではなくなる時期が到
 来し、鄙言の空しからざるを漫に信ずる者なり。

                                          

2024年6月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : kkbn-mita