【新】平成31年国分寺三田会新年会を開催しました。

1.日時  平成31年 1月14日(月・祝) 18:45~20:45

2.会場  小金井宮地楽器小ホール

3.出席者 108名(会員100名、同伴者4名、H30卒塾員4名)

4.アトラクション

・     アンサンブル・ドルチェ(Ensemble dólce)の四重奏

・     楽しい福引大会

今年の新年会も昨年と同じ武蔵小金井駅前の宮地楽器小ホールにて開催しました。カレッジソングをバックミュージックに参加者が入場し開会しました。上原安江さん(S59文)のピアノ伴奏で塾歌斉唱、渡邉惠夫会長(S40工)の挨拶で始まりました。会長の挨拶の中で「BMWを活用して健康に楽しく生きましょう」とのお話がありました。BMWとはBus・Metro・Walkingの事だそうです。
続いて岩田友一副会長(S45工)の音頭による乾杯で新年会の宴が始まりました。
会員間の新年の挨拶が交わされる和やかな雰囲気の中、暫し美酒と料理で歓談の時を持ちました。
今年のメインアトラクションは、アンサンブル・ドルチェの四重奏です。ヴィオラの小澤恵さんを中心にピアノ(野上剛さん)・フルート(高木美里さん)・チェロ(長谷川晶子さん)の構成で華やかながらも格調高い名曲が演奏されました。
まず厳かで元気の出るエルガーの「威風堂々」で、亥年にふさわしい演奏が始まりました。
次はTVドラマで一世を風靡した坂の上の雲のテーマ曲「Stand Alone」です。チェロやビオラの低音が何とも言えない情感を醸し出します。そして気分をガラッと変えて、マイフェアレディから「踊り明かそう」。新年会も飲み明かそうとばかりウキウキする演奏でした。その後はピアノのソロでマイケルジャクソンの「Bad〜Smooth Criminal」でした。圧倒的な迫力に会場も目を丸くし固唾を飲んで聞き惚れていました。次は楽しくアルゼンチンタンゴ、アルゼンチンタンゴといえばピアソラ、ピアソラといえば「リベルタンゴ」、これでびしっと決まりました。大きな拍手に応えてアンコールはTVドキュメンタリー番組から葉加瀬太郎の「情熱大陸」でした。さらにさらにアンコールを求めるたくさんの声に会場を回って演奏をしていただくサービスもありました。
国分寺三田会新年会にふさわしい華麗で品格のある楽しい選曲でした。
カルテット演奏に続いてステージでは楽しい福引大会が行われました。
賞品は福引担当のメンバーが心を込めて準備した選りすぐりの品物です。星野信夫副会長(S42経)によって、順次抽選が行われ、各賞ごとに賞品の中味を紹介し、会場がワッと沸く楽しいひと時でした。注目の1等賞は江端さん(S52商)で「テラコヤ」の食事券でした。丸山さん(S30経)、吉村(秀)さん(S32法)から若い世代まで万遍なくくじを引いた星野さんの見事な手腕?でした。
福引の興奮が落ち着いたところで、新入会員(3名)と国分寺・小金井在住の新卒者(4名)が登壇し、氏名、卒年、学部の紹介が行われました。新卒者はこれも星野さんの勧誘で全員入会ご希望とのこと。一挙に平均年齢が若返ることでしょう。新入会員の方々には今後分科会にも積極的に参加して頂いて、楽しくお付き合い願いたいと思います。
新年会の宴もたけなわ、平林正明幹事長(S47経)の指揮、上原安江さん(S59文)のピアノ伴奏で参加者全員が輪になり肩を組み、“慶應讃歌”と“若き血”を熱唱、エールで最高潮に。前原憲一副会長(S45工)による中締めの挨拶をもって、名残を惜しみつつ無事にお開きとなりました。
司会進行役は昨年同様井上徹さん(S49政)・上原安江さん(S59文)が担当しました。入念な事前準備に基づきプログラムをスムーズに進行し、ほぼ予定どおりの時間で開宴から閉宴まで進めることが出来ました。
今年の新年会には、108名の方々が出席しました。料理もほぼ完食、お酒も十分に堪能しての楽しく賑やかな宴となりました。これも国分寺三田会の強みであるチームワークの賜物であることを実感しました。

国分寺三田会平成31年新年会のご案内

・                     国分寺三田会会長 渡邉惠夫
拝啓

師走を迎え寒い日々が続いておりますが、会員の皆様におかれましてはご健勝に
お過ごしのことと存じます。
さて、恒例の新年会を下記の通り開催しますのでご案内申し上げます。
ご多用中とは存じますが、是非とも出席賜りますようお願い申し上げます。
(チラシについてはここをクリック下さい)

・                                 敬具

・               記
1.日時:平成31年1月14日(月・成人の日)

・       18:45~20:45(受付開始18:15)

2.場所:小金井 宮地楽器小ホール

・      (JR武蔵小金井駅南口より徒歩1分)
・      http://koganei-civic-center.jp/facilities/

3.アトラクション:

・       ○カルテット演奏(Ensemble dólce)

・       ○福引大会

4.会費:男性5000円、女性4000円

・      (急遽欠席の場合、前日までに山田迄ご連絡願います。

・       それ以降は会費を頂きますのでご注意下さい)

5.出欠連絡:準備の都合上、12月25日(火)までにご返信願います。
                                 以上

<新年会タスクチーム>
山田 健
田川 小林(千)高橋 岩田 板橋 車 坂田 常谷 平林 池田
芳賀 山本 沼野 井上 野田 小林(一)清水 兼谷 広田

【新】平成30年国分寺三田会新年会を開催しました

1.日時  平成30年 1月13日(土) 18:45~20:45
2.会場  小金井宮地楽器小ホール
3.出席者 113名(会員100名、同伴者4名、H28卒塾員7名、出演者2名)
4.アトラクション ・   「オペラ歌手 下村雅人」 テノール独唱 ・   楽しい大福引大会

今年の新年会も昨年と同じ武蔵小金井駅前の宮地楽器小ホールにて開催しました。“若き血”をバックミュージックに参加者が入場し開会しました。塾歌斉唱、渡邉惠夫会長(S40工)の挨拶、古賀良三副会長(S46経)の音頭による乾杯で新年会の宴が始まりました。

会員間の新年の挨拶が交わされる和やかな雰囲気の中、暫し美酒と料理で歓談の時を持ちました。

今年のメインアトラクションは、オペラ歌手下村雅人のテノール独唱です。奥様で音楽家の下村敬子によるピアノの生伴奏で、「ウイーンわが夢の街(オペラアリア)」「彼女に告げてよ(カンツォーネ)」「初恋(日本歌曲)」「星は光りぬ(歌劇トスカより)」の4曲が披露されました。下村雅人さんは国立音楽大学を卒業し、イタリアコンソルソ入賞、数々の大賞を受賞し、モーツアルトの「魔笛」武士役でオペラ界にデビュー、プッチーニ、ベルディーなどのオペラに出演、また、「レクイエム」「クリスマスオラトリオ」等の宗教曲のテノールソリストとしても活躍しています。又、奥様と供に夫婦のコンサート「二人のつむぎ歌」も全国各地で開催されています。将にプロのオペラ歌手による生演奏、圧倒的な声量と本格的アーティストの迫力ある歌唱力は素晴らしく、会場全体がオペラの臨場感に包まれたようでした。予定時間の30分があっという間に過ぎ、演奏が終わっても、会場からアンコールの声が止まず、更にもう1曲「カタリカタリ(イタリア民謡)」が披露されました。

テノール独唱に続いてステージでは大福引大会が行われました。賞品は福引担当の女性メンバーが心を込めて準備した選りすぐりの品物です。塩井勝也副会長(S41法)によって、順次抽選が行われ、各賞ごとに賞品の中身を福引担当がコメントし、会場がワッと沸く楽しいひと時でした。注目の1等賞は増井信さん(S47商)の同伴者で夫人の増井幸子さんに当たりました。

尚、38年卒迄の先輩には、慶應グッズと川脇信久さん(S45商)からの寄贈品をお土産としてお渡ししました。

福引の興奮が落ち着いたところで、新入会員(3名)と国分寺・小金井在住の新卒者(7名)が登壇し、氏名、卆年、学部の紹介が行われました。新入会員の方々には今後分科会にも積極的に参加して頂いて、楽しくお付き合い願いたいと思います。

新年会の宴もたけなわ、平林正明幹事長(S47経)の振り、上原安江さん(S59文)のピアノ伴奏で参加者全員が輪になり肩を組み、“慶應賛歌” “若き血”を熱唱、エールで最高潮に。輪の中には、下村夫妻も加わり感激のシーンも見られました。最後に星野信夫副会長(S42経)による中締めの挨拶をもって、名残り惜しくも、料理もほぼ完食、お酒も十分に堪能してのお開きとなりました。

司会進行役は新年会実行チームの井上徹さん(S49政)・野田敏明さん(S52経)と会員の上原安江さん(S59文)3名が担当しました。入念な事前準備に基づきプログラムをスムーズに進行し、ほぼ予定どおりの時間で開宴から閉宴まで進めることが出来ました。又、上原さんには出席者全員が合唱した塾歌、慶應讃歌、陸の王者のピアノン伴奏もしていただいて宴は一層盛り上がりました。

今年の新年会には、過去最高の113名の方々が出席しました。会場のスペースの都合上1テーブル11名席が多く、窮屈な思いをされたことと思いますが、盛況な宴となりましたこと、これも国分寺三田会の強みであるチームワークの良さであることを実感しました。

会場の設営は、18時より新年会事務局・幹事・応援会員で開始しました。テーブル増加を図る為にレイアウトの変更に時間を要しましたが、予定の18時40分には開場・開演することが。出来ました。又、閉宴後も会員の協力も得て後片づけを行い、21時30分前には会場の点検を受けたのち解散となりました。

来年の新年会は、宮地楽器小ホールの予約も取れており、1月14日(成人の日・月)に開催する予定です。会員の皆様と楽しい新年会を迎えられることを祈念しています。

 

新年会事務局:

田川尚子(S40文)藤枝とし子(S43分)高橋伸一(S45法)
小林千晃(S45政)常谷敦彦(S46政)池田敏夫(S47商)山田健(S47経)
芳賀崇(S47経)井上徹(S49政)兼谷裕子(S50文)野田敏明(S52経)

会長挨拶IMG_4439

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下村さん歌唱風景 IMG_4477

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新卒招待者との一緒にIMG_4502

【新】平成30年新年会のお知らせ

平成30年新年会を下記内容を予定しております。会場は前回と同じ宮地楽器ホール

(JR武蔵小金井駅南口駅前)で開催します。新年会に相応しい催し物や福引等を
企画しておりますので是非ともご参加いただきたく宜しくお願い致します。

・            記
1.日時:平成30年1月13日(土)18:45~20:45
・    受付開始 18:15 開場まで1Fロビーでお待ちいただきます。
2.場所:小金井宮地楽器小ホール(小金井市市民交流センター)
・    宮地楽器ホールの案内・アクセス(ここをクリック)    

3.アトラクション
・    ○テノール歌手 下村雅人氏 独唱、
・    ○福引抽選会、他

4.会費:男性5000円 女性4000千円

5.出欠連絡:12月25日(月)迄に案内状(往復葉書、メール案内)に対し返信願います。

・                                  以上

【新】平成29年国分寺三田会新年会を開催しました。

1.日時  平成29年 1月14日(土) 18:40~20:30
2.会場  小金井宮地楽器小ホール
3.出席者 100名(会員95名、同伴者3名、H28卒塾員2名)
4.アトラクション
・   「林順子と仲間たち」 フラメンコ
・   楽しい大福引大会
・   有志による男声コーラス(I’ve Been Working on the Railroad、慶應讃歌)

・今年の新年会も昨年と同じ武蔵小金井駅前の宮地楽器小ホールにて開催しました。“若き血”をバックミュージックに参加者が入場し開会しました。塾歌斉唱、渡邉惠夫会長(S40工)の挨拶、星野信夫副会長(S42経)の音頭による乾杯により、新年会の宴が始まりました。しばし、美酒と料理で歓談の時を持ちました。
・今年のメインアトラクションはフラメンコです。ギター・カンテ(歌手)による生演奏による「林順子と仲間たち」のフラメンコ舞踊が4曲披露されました。プロのギターとカンテは素晴らしく、林順子さんの迫力ある踊りとステップにも観客が圧倒されて思わず拍手や合いの手をいれステージに引き込まれました。まさに本場のフラメンコ舞台の臨場感を味わいました。舞踊のあとは、ルンバ講習会となり、有志が舞台にあがり林順子さんから直々に振り付けを習って、林順子さん・仲間たちと一緒に曲に合わせてのダンスを楽しみました。ステージと会場の一体感が更に雰囲気を盛り上げました。予定の40分があっという間に過ぎてしまいました。舞台に上がった有志には会員の川脇信久さん(S45商)から提供して頂いたボンカレー・カロリーメイト等を記念としてお持ち帰り頂きました。
林順子さんは、プロのフラメンコダンサーで、日本のスペイン舞踊の草分けの第一人者岡田昌己に師事。フラメンコとクラシコエスパニョール、フォルクロリコなどスペイン舞踊全般を学び、舞踊団に入団し師の全ての公演、日本フィル共演「カルメン」では全国12会場、文化庁移動 芸術祭にも団員として多数出演。スペイン留学では著名な実力者アーティストに師事。現在、ソロダンサーとしてライブ活動、イベント出演を精力的に続ける一方、読売日本テレビ文化センター京葉、川口、大宮、津田沼カルチャー、麗澤大学キャンパスプラザ趣味の教室、小岩スタジオ等で教授活動を展開しhttp://elcamino-koiwa.com/)、後進の指導にも力を注がれています。  仲間たちは、林順子教室の生徒さん達で、老人ホーム等のボランティアやイベント、都内タブラオライブ等、プロ顔負けの活動で活躍されています。  演奏者は、現在プロで活躍している若手ギタリストとベテランカンタオーラの素晴らしいミュージシャンのお二人です。ギター 石井奏碧(いしいかなお)さん、カンテ(歌い手)倉掛和子(くらかけかずこ)さんです。
・フラメンコに続き、大福引大会が行われました。林順子さんに舞台に残っていだき、抽選をして頂きました。10等賞から順次抽選が行われ、抽選が進むにつれ皆さんの期待が膨らむ中、1等賞は古賀良三さん(S46経)に当たりました。賞品はいずれも自宅に持ち帰って喜ばれるものをという狙いで選りすぐって準備したものです(高級日本酒、とらやの羊羹、冷酒ペアグラス、クッキー、飾り花、エプロン等)。
・福引の興奮が落ち着いたところで、新入会員(3名)、国分寺在住平成28年卒業者(2名 招待)の紹介が行われました。新入会員の内の一人は新年会当日の入会者でした。新入会員の皆様には今後分科会にも積極的に参加して頂いて、国分寺三田会の会員として楽しくお付き合い願いたいとお思います。
・アトラクションのトリは、有志による男声コーラスです。昨年の新年会で好評だったので今年も有志で男声コーラスチームを組んで、英語版“I’ve Been Working on the Railroad”と“慶應讃歌(1番、3番)”を4部合唱にてアカペラで披露し(指揮 吉崎俊一さん(S41政))、満場の拍手を頂きました。アンコールとの声もかかりましたが、今年はアンコールの用意はしていないということで、2曲のコーラスで終了となりました。新年会の男声合唱は今後定番になるのでしょうか? 楽しくすごしたアトラクションのプログラムもこれですべて終わりました。
・新年会の宴も最後の〆にはいり、まず平林正明幹事長(S47経)の振りで“若き血”を、舞台に残った男声コーラスチームを起点に全出席者が輪になり肩を組み、思いを込めて歌いました。歌に続きエール「フレフレ慶應」で〆て、塩井勝也副会長(S41経)による中締めの挨拶となりました。 中締めの挨拶の中、塩井副会長の指名により新年会事務局のメンバーが舞台に上り紹介されました。塩井副会長の中締めをもって、名残り惜しいという気持ちもありましたが、料理もほぼ完食、お酒も堪能してお開きとなりました。S26年卒業の天野肇さんからH28卒業者まで100名が一堂に集う素晴らしい新年会でした。今回の新年会も会員の皆さんによるチームワークで造りあげられ、その思いと楽しさを実感しました。
・司会は新年会実行チームの野田敏夫さん(S52経)と柚木克也さん(S61経)のコンビでした。うまく会場を盛り上げて、プログラムもスムースに進行しました。前年は後片付けにも時間を要したことからタイムキーパーとして司会が重要な役目を担っていましたが、事前のシナリオの準備もあり、ほぼ予定の時間で開宴から閉宴まで進めることができました。
・会場の設営・準備は、18時より新年会事務局・幹事・応援メンバーで開始し、ケータリングのニュートーキョーさんとも協力して、予定の18時40分開場・開宴することができました。また閉宴後もこれらのメンバーが協力して片付けを行い、21時15分には会場の点検を受けて(ケータリングのニュートーキョーさんを残して)解散となりました。
・新年会会場の宮地楽器ホールは一昨年12月に予約、そして新年会事務局は新年度が始まってすぐの10月にメンバーを決定し準備がスタートしました。プログラムの概略決定、ケータリング・酒類の手配等の基本的な準備を進めるかたわら、今回も電子メールを中心に会員の皆様には案内をしました。新年会当日は17時に会場前に集合して、最終的に段取り確認の打ち合わせを行い、幹事・応援メンバーも加わって買い出し班、受付班、会場設営班に分かれて準備を開始しました。終宴後は新年会事務局メンバーだけでなく幹事・応援メンバーが協力して片付けを行いました。ここにも国分寺三田会のチーム力が表れているかと思います。
・また来年の新年会についてもすでに宮地楽器小ホールの予約がとれています。来年は1月13日(土)に開催の予定です。国分寺三田会の会員の皆様が定例行事・分科会活動にと健康に楽しい1年を送り、またこの会場で元気な顔を合わせて新年会を開催できることを祈ります。

・新年会事務局 岩田友一副幹事長(S45工)、田川尚子幹事(S40経)、藤枝とし子幹事(S43文)、小林千晃幹事(S45政)、池田敏夫幹事(S47商)、芳賀崇幹事(S47経)、山田健幹事(S47経)、野田敏明幹事(S52経)、浦田素子幹事(S54法)、柚木克也幹事(S61経)

(写真撮影 斎藤信雄さん S38政)

【新】平成28年国分寺三田会新年会を開催しました。

1.日時  平成28年 1月17日(日) 18:30ー20:50
2.会場  小金井宮地楽器小ホール
3.出席者 99名(会員91名、ご家族4名、H28卒塾員3名、ピアノ伴奏1名)
4.アトラクション
・   FarashaさんとStudio FODSSの皆さんによる華やかなベリーダンス
・   楽しい大福引大会
・   有志による男声コーラス(花、ともしび、慶應讃歌)

・国分寺三田会も小平、小金井等近隣地域在住者の入会が増え、今年の新年会は国分寺を離れ、小金井で開催しました。塾歌斉唱、小笠原正文会長(S38法)の挨拶、小林宗春さん(S33工。小金井在住)の音頭による乾杯と続き、美味しいお酒とお料理で歓談が弾みました。
・アトラクション第1部はベリーダンスです。Farashaさんは平成7年慶應義塾大学文学部卒業、慶應のダンシングサークル:JADEの出身です。Studio FODSSを主宰し、レッスン並びに全国各地で公演活動を行っています。国際大会やフェスティバルの審査員・司会・ゲスト・ワークショップ講師も務め、オリエンタルダンスを踊る喜び・見る楽しさ伝える事に情熱を注いでいるとのことです。見るからに若々しく、エネルギッシュで、2児 の母親と聞き驚きました。”神秘的な衣装”“踊りのしなやかさ、官能的な美しさ””アラブ音楽と一体となった踊りが醸し出すハーモニー”はすっかり観客を魅了しました。フィナーレは21名のベリーダンサーが会場一杯に勢揃い、その姿は圧巻でその迫力と踊りに圧倒されました。更に観客席まで繰り出したベリーダンスで会場は大興奮、元気をもらいました。ベリーダンスファンも増えたことと思います。3月6日(日)にはアルハムブラ(JR西日暮里駅より30秒)でStudio FODSSの皆さんによるチャリティーベリーダンスショーが有ります。全収益を「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」に寄付するそうです。ベリーダンスに興味をもたれた方は鑑賞をお勧めします。
・ベリーダンスの後は新入会員(2人)、国分寺在住H27年卒業者(3人)の紹介です。国分寺三田会を通じて楽しくお付き合いできることを願っています。
・アトラクション第2部の大福引大会はFarashaさんが抽選を行い、天野肇さん(S26経)に1等賞(ワイン・シャンパンセット)の女神が舞い降りました。満場の興奮の中、10名の方が豪華(?)商品を射とめました。
・アトラクション第3部は新年会の為に結成した男声合唱団13名によるコーラスです。Oh!Enkaの会でお世話になっている森川由美子先生にご指導いただき、吉崎俊一さん(S41政)のご自宅をお借りして12月から5回、ハードな練習を行いました。合唱経験者だけでなく、合唱を始めたばかりの人、合唱を全くやったことがない人もいましたが、森川先生からご指導いただき、まだまだ課題はありますが、どうにか纏まってきました。慶應讃歌は1番(戦後日本の再建を若き塾生に託す)、 3番(学窓を出た塾員が母校を偲び、塾員であることを終生誇れる)をしみじみと歌いました。アンコールは慶應讃歌のアカペラ版です。お酒を飲んだ後に歌った時が一番ハモっていたとの意見が有り、アンコール曲に選んだ次第です。森川先生からは多少甘口ではありますが、“短期間で良くここまできた。良かった”とご講評いただきました。機会が有ればまた再結成し、コーラスの楽しさを味わい、コーラスの楽しさをお伝えできることを願っています。
・最後は平林正明幹事長(S47経)による“振り”で『若き血』を斉唱しました。全員が肩を組み、塾員として応援歌を歌える幸せを味わいました。続いて渡邉惠夫副会長による中締めでお開きです。S26年卒業の天野肇さんからH27卒業者までこの差64年、昭和と平成がコラボした新年会でした。
・会場の都合で18時から準備を開始し、新年会開始まで30分しかありませんでしたが、20人で準備を進め、ほぼ予定通りの時間に新年会を開始することができました。山田健さん(S47経)、野田敏明さん(S52経)のうまい司会進行でプログラム通り進みました。渡邉副会長の中締め挨拶にも有りましたが、狭い会場に99人が集まり、密度が濃いコミュニケーションができたと思います。事前準備の段階から後片づけまで素晴らしいチームワークで進めることができました。国分寺三田会は皆で作り上げていることを実感した次第です。
・今回の開催案内はメールアドレス保有者にはメールで送信しました。また、お酒は自分たちで準備しました。初めてのことで大変ではありましたが、その分経費節約ができ、日本酒、ワイン等飲物を充実させることができました。年の初めに相応しい楽しい新年会を開催することができ事務局一同ホッとしています。最後となりましたが、小金井宮地楽器小ホールを1年前に予約いただいた長谷川忠さん(S44法)、ご協力いただいた関係者の皆様、ありがとうございました。 宮地楽器小ホールは音響設備が充実しています。来年の新年会も宮地楽器小ホールを予約しています。小笠原会長の挨拶にもありましたが、今年1年健康で楽しく過ごし、来年も元気な顔で小金井宮地楽器小ホールでお会いしたいと思います。
・ 新年会事務局 古賀良三(S46経)、田川尚子(S40経)、藤枝とし子(S43文)、岩田友一(S45工)
・                池田敏夫(S47商)、山田 健(S47経)、野田敏明 (S52経)

IMG_8928(1)   IMG_8932(1)            . 国分寺で作曲された塾歌の斉唱で新年会は始まる。               小笠原会長の挨拶

.  o0480036013543521392  IMG_8970(1)                .     FarashaさんとStudioFODSSの皆さん                       

   . IMG_8934(2)                                        .            新年会歓談風景。アルコールも入り、会話がはずむ。

.  IMG_9002(1)  新年会のために急遽結成した合唱団
.    
            大福引大会                                   新年会の為に結成した国分寺三田会合唱団 

     .肩を組んで”若き血”斉唱  。全員一体となって、応援歌を歌える幸せを味わった。そして楽しい新年会も閉会。

【新】平成27年新年会

2015年1月17日(土)午後6時半から国分寺Lホールに於いて、99名の会員及びご家族並びに入会予定者、7名の歌と踊りの「フォルクローレ」総勢106名が会場にズラリと並んだテーブルに着席して、平林副幹事長の司会により今年の新年会が開催されました。
塾歌斉唱、小笠原会長の挨拶、目黒さんの音頭による乾杯と続き、お料理とお酒で歓談が弾んだところで入会予定者二人の自己紹介があり、南米の民族音楽と華麗な踊りを披露頂いた「フォルクローレ」の皆さんには目を釘付けにして聴き入りました。また先の総選挙で3期目の当選を果たした松本さんにも挨拶を頂き、参加者が密かに期待した福引大会で宮西副会長に1等賞(越後の銘酒)の女神が舞い降り大喝采を受けていました。女神が素通りした方々全員にも参加賞が配られ、福引大会の興奮覚めやらぬまま「若き血」の斉唱とエール、宮西副会長の閉会の辞でお開きとなりました。
今回は国分寺、小金井、小平地域の会員が一同に集まった初めての新年会でしたが、3つの地域の会員が協力して会場の設営や運営に当たり、また初対面同士の交歓も盛んに行われ、三田会としての一体感がより一層深まったのではないかと感じております。
まさしく「新年会には、大勢で和やかなのがよく似合ふ」のひと時でした。