【Y】第36回The Young Salonの会を開催します

The Young Salonの会の皆様

暑い夏も終わり秋の季節がやって参りました。急に寒くもなってきましたが皆様如何お過ごしでしょうか。

今回は、当国分寺三田会会員石川誠さんの紹介で、柳町功氏を講師にお迎えし、講演会を開催致します。柳町様は1984年慶應義塾大学を卒業後、同大学大学院で博士課程を修了され、以降名古屋商科大学助教授、UCLA,Visiting Scholar、韓国・延世大学校経営大学客員教授等を務められた後、現在慶應義塾大学総合政策学部教授として教壇に立っておられます。今回のテーマは「今日の韓国と日韓関係」です。

先に徴用工問題で韓国大法院(最高裁)判決があり、大法院が日本企業に賠償を命じた事を切っ掛けとして、日韓関係が急速に悪化の途を辿り、現在戦後最悪の相を呈していると報道されています。賠償問題については1965年の日韓請求権協定で解決したというのが日本政府の立場ですが、韓国大法院の判決はこれまで日韓で維持してきた国際法の枠組みを覆す争いに発展しています。  韓国首相は司法府の判断に対し行政府が対策を出すのは基本的に限界があると発言していますが、他にも日韓の間では慰安婦問題や日本の輸出管理の厳格化がその後、韓国によりGSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)破棄の決定やWTO(世界貿易機関)への提訴へと飛び火し、現在解決の目途もつかない状況にあります。

かつて政冷経熱とされた経済協力の行方も今後不透明さを増し、問題解決が益々難しくなって行く事が懸念されています。韓国の財界人からも「両国の指導者に問題を解決しようという積極的な姿勢が見えない、相手国を刺激する論争は自制すべき」という声も聞かれますが、今後関係改善へと向かう方策はあるのでしょうか、わが国としてどのような対応が必要とされるのでしょうか。柳町先生にお聴きして見たいと思います。

皆様、この機会を捉え是非講演会にご参加頂きますようご案内申し上げます。

尚、講演会終了後、ご参加頂いた皆様には講師を交えての懇親会を予定しておりますので、準備の都合上、①講演会及び②懇親会夫々への出欠のお返事を11月23日(土)迄にご連絡頂きたく、宜しくお願い致します。

  1. 演題:「今日の韓国と日韓関係」
  2. 講師:柳町功氏
  3. 日時:2019年12月14日(土)午後2:30pm~4:30pm(受付:2:00pm~)
  4. 会場:東京都立多摩図書館2階 セミナールーム2
    住所:東京都国分寺市泉町2-2-26
    アクセス:JR中央線 西国分寺駅南口 徒歩7分
  5. 会費:500円