【新】平成31年国分寺三田会新年会を開催しました。

1.日時  平成31年 1月14日(月・祝) 18:45~20:45

2.会場  小金井宮地楽器小ホール

3.出席者 108名(会員100名、同伴者4名、H30卒塾員4名)

4.アトラクション

・     アンサンブル・ドルチェ(Ensemble dólce)の四重奏

・     楽しい福引大会

今年の新年会も昨年と同じ武蔵小金井駅前の宮地楽器小ホールにて開催しました。カレッジソングをバックミュージックに参加者が入場し開会しました。上原安江さん(S59文)のピアノ伴奏で塾歌斉唱、渡邉惠夫会長(S40工)の挨拶で始まりました。会長の挨拶の中で「BMWを活用して健康に楽しく生きましょう」とのお話がありました。BMWとはBus・Metro・Walkingの事だそうです。
続いて岩田友一副会長(S45工)の音頭による乾杯で新年会の宴が始まりました。
会員間の新年の挨拶が交わされる和やかな雰囲気の中、暫し美酒と料理で歓談の時を持ちました。
今年のメインアトラクションは、アンサンブル・ドルチェの四重奏です。ヴィオラの小澤恵さんを中心にピアノ(野上剛さん)・フルート(高木美里さん)・チェロ(長谷川晶子さん)の構成で華やかながらも格調高い名曲が演奏されました。
まず厳かで元気の出るエルガーの「威風堂々」で、亥年にふさわしい演奏が始まりました。
次はTVドラマで一世を風靡した坂の上の雲のテーマ曲「Stand Alone」です。チェロやビオラの低音が何とも言えない情感を醸し出します。そして気分をガラッと変えて、マイフェアレディから「踊り明かそう」。新年会も飲み明かそうとばかりウキウキする演奏でした。その後はピアノのソロでマイケルジャクソンの「Bad〜Smooth Criminal」でした。圧倒的な迫力に会場も目を丸くし固唾を飲んで聞き惚れていました。次は楽しくアルゼンチンタンゴ、アルゼンチンタンゴといえばピアソラ、ピアソラといえば「リベルタンゴ」、これでびしっと決まりました。大きな拍手に応えてアンコールはTVドキュメンタリー番組から葉加瀬太郎の「情熱大陸」でした。さらにさらにアンコールを求めるたくさんの声に会場を回って演奏をしていただくサービスもありました。
国分寺三田会新年会にふさわしい華麗で品格のある楽しい選曲でした。
カルテット演奏に続いてステージでは楽しい福引大会が行われました。
賞品は福引担当のメンバーが心を込めて準備した選りすぐりの品物です。星野信夫副会長(S42経)によって、順次抽選が行われ、各賞ごとに賞品の中味を紹介し、会場がワッと沸く楽しいひと時でした。注目の1等賞は江端さん(S52商)で「テラコヤ」の食事券でした。丸山さん(S30経)、吉村(秀)さん(S32法)から若い世代まで万遍なくくじを引いた星野さんの見事な手腕?でした。
福引の興奮が落ち着いたところで、新入会員(3名)と国分寺・小金井在住の新卒者(4名)が登壇し、氏名、卒年、学部の紹介が行われました。新卒者はこれも星野さんの勧誘で全員入会ご希望とのこと。一挙に平均年齢が若返ることでしょう。新入会員の方々には今後分科会にも積極的に参加して頂いて、楽しくお付き合い願いたいと思います。
新年会の宴もたけなわ、平林正明幹事長(S47経)の指揮、上原安江さん(S59文)のピアノ伴奏で参加者全員が輪になり肩を組み、“慶應讃歌”と“若き血”を熱唱、エールで最高潮に。前原憲一副会長(S45工)による中締めの挨拶をもって、名残を惜しみつつ無事にお開きとなりました。
司会進行役は昨年同様井上徹さん(S49政)・上原安江さん(S59文)が担当しました。入念な事前準備に基づきプログラムをスムーズに進行し、ほぼ予定どおりの時間で開宴から閉宴まで進めることが出来ました。
今年の新年会には、108名の方々が出席しました。料理もほぼ完食、お酒も十分に堪能しての楽しく賑やかな宴となりました。これも国分寺三田会の強みであるチームワークの賜物であることを実感しました。

【麻】平成31年(2019年)1月、白鳥杯新春チャンピオン大会を開催!!

当麻雀会では新春早々の1月3日(日)、第6回白鳥杯争奪戦チャンピオン大会をJR国立駅南口より徒歩数分の雀荘「キャベツ」で開催しました。昨年は国分寺の雀荘「三千院」でしたが、「三千院」は改修工事のため暫らく閉店。新規開拓した国立の雀荘「キャベツ」での大会となりました。
新春早々の雀荘は、ほぼ我等三田会の麻雀卓で占拠する状況。タバコを吸う人も少なく、気分のよい大会となりました。
チヤンピオン大会は、昨年の月例会優勝者から10名(加藤、平林、利根川、安齋、菅谷、田村、常谷、篠崎、小林、横瀬)とワイルドカードから出場権を得た2名(大石、岩田、)計12名(3卓)での熱い闘いとなりました。小林隆夫さんは昨年10月、横瀬さんは11月の例会で優勝。二人とも暫らく優勝から遠ざかっていましたが、古豪復活の月例会優勝者として参加しました。
正月らしくお酒で乾杯、写真撮影の後にプレイ開始。10時30分~17時30分までの7時間に及ぶ長期戦、体力と知力が勝負の決め手になります。
途中3回、これまでの得点により組合せを再編成。これは参加者全員に優勝のチャンスを与えるための麻雀卓のリフレッシュ。大物の手造りを狙い、指の運動と頭の体操が加わりボケ防止に最適な新春の闘いに。今回は大物手役として大石さん、篠崎さんの2名が四暗刻の役満を和了しました。
熱戦の結果、今回栄えある「白鳥杯」を獲得したチャンピオン、優勝者は、安齋さん(S39経)、2位は大石さん(立川三田会)、3位は加藤さん(S38経)の順となり、2年連続優勝の加藤さんの3連覇は成らず、永世名誉名人の称号はお預けとなりました。
新年会は場所を変え、同ビルの居酒屋にて開催。参加者の持ち寄った賞品を取り揃え、全員でプレゼント交換。プレゼント交換は入賞できなかった人に優先権があり、自分の好きなものをゲット。入賞者は賞金と豪華景品をゲットして一同、大満足の一時を過ごしました。
最近の健康麻雀ブームについて一言。「かつての麻雀の不健康な部分を取り去った、賭けない、飲まない、吸わない(タバコ)健康麻雀。自分の手牌を揃えながら3人の相手の進捗状況を推理するわけですから脳を常にフル回転させる必要があり、これは脳トレをしている状態。頭を使う、手先を使う、人と会話をすることの多い人は認知症になりにくいといわれています。実際麻雀をしている高齢者の脳血流を測ったところ前頭葉の血流が活性化していたとのこと。麻雀は認知症予防に最適なゲームといえます。」

今年度の闘いは、既に昨年12月から始まっています。月1回の集まりですが、脳の活性化も期待できる健康麻雀。参加メンバーも次第に若返ってきており、是非一度麻雀会に遊びにきてください。一緒に楽しみましょう。

【E】Oh ! Enka の会 白寿のヴァイオリン・コンサートを開催しました。

1.日時   平成30年12月28日(金)14:30~16:30
2.会場   いずみホール・Bホール
3.出席者  61名(会員:27名、 会員家族・知人、欅友会他:34名)
4.ヴァイオリン・コンサート
・ ヴァイオリン演奏:小島亮一さん、ピアノ伴奏:丸山令子さん(お嬢様)
・ ①歌の翼に乗せて(メンデルスゾーン)     ②なつかしき愛の歌(ジェームズ・モロイ)
・ ③お気を悪くなさらないで(カール・ツェラー) ④君こそわが命(フランツ・レハール)
・ ⑤ロマンス(フランツ・レハール)       ⑥アヴェ・マリア(シューベルト)
・ ⑦タイースの瞑想曲(マスネー)        ⑧私の歌(チャールス・チャップリン)
・ ⑨私のママはウイーン生まれ(ルードヴィッヒ・グルーバー)
・ ⑩エヴァのワルツ(フランツ・レハール)
・ (アンコール) ウイーンに古くから伝わる「昔の歌」(作者不詳)

・ ◎故 郷(全員で斉唱)

・小島亮一さんは天野肇会員の嘗ての職場の先輩で、平成28年11月「95歳のヴァイオリン・コンサート」としてお招きしましたが、非常に評判が良く、“あの感動をもう一度”ということで再びお招きしました。年末の忙しい時期にもかかわらずなんと61名の出席者です。
小島さんは自己紹介の中でヴァイオリンとの出会い、軍隊での苦労話、インド駐在での経験などユーモアたっぷりに話されました。戦前は男子がヴァイオリンを弾く風潮がなく、ようやく20歳で始めたそうです。戦中、東京商科大学(現一橋大学)のオーケストラ部でヴァイオリン始め、戦後、武蔵野音楽学校で福井先生と出会い、東京音楽学校(現東京芸術大学)ヴァイオリン専科で学び、定年後は六本木のウイーン酒場「ドナウ」で演奏、98歳の現在も老人ホーム等でfiddlerとして演奏活動を行っています。理路整然と丁寧に判りやすく話し、頭の衰えはまったく感じません。演奏は一曲奏でる度に、きちっと姿勢を正して曲の紹介をします。用意した譜面台を使わずすべて暗譜です。60曲暗譜されているそうで、驚きです。ピアノを伴奏するお嬢様との意気も合っています。ご自身が歌う場面もありましたが、驚くほど声に張りがあます。小島さんは98歳になっても若く、エネルギッシュで、頭もシャープ、情熱を持ち続けている生涯現役のヴァイオリニストです。出席者も元気をもらいました。
今回のコンサートは会員だけでなく、会員のご家族・知人、欅友会など多くの方に声をかけました。会員の知人として来られた中に小島さんの恩師福井先生の甥の方や嘗ての同じ職場の方がいました。不思議なご縁です。「歌は元気の源」ということを感じるコンサートでした。
Oh ! Enka の会としてささやかながら白寿のお祝いの記念品を差し上げました。次回は100歳のヴァイオリン・コンサートとしてお招きしたいと思います。
最後は「故郷」を全員で斉唱し、来年も良い年であることを祈念してお開きとなりました。

世話役代表:塩井勝也(S41法)
世話役:斎藤信雄(S38政)、金田 一(S42工)、高橋伸一(S45法)、久保田宏(S46工)、
芳賀 崇(S47経)、平林正明(S47経)、山田 健(S47経)、池田敏夫(S47商)、井上 徹(S49政)

<出演者プロフィール>
◆小島亮一さん
・大正9年生まれ。東京商科大学(一橋大学)オーケストラ部にて、20歳よりヴァイオリンを始める。
・東京商科大学卒業後、商社トーメンに入社。召集され戦地へ。終戦後、東京音楽学校(現東京芸術大学)
・ヴァイオリン選科に学ぶ。トーメン・インド支店に長年勤務。定年後、fiddlerとして六本木のウイー
・ン酒場「ドナウ」でホイリゲ風の演奏を行う。現在はfiddlerとして老人ホーム等で演奏活動。
◆丸山令子さん
桐朋学園大学音楽学部研究科卒業。民族音楽専攻。現在、昭和音楽大学・恵泉女学院大学兼任講師。